PHONE098-901-5454

沖縄ウェディングの情報発信マガジン

沖縄の結婚式での父親、母親の服装。親の服装はフォーマルか、かりゆしウェアか。選び方や衣裳費用の負担まで解説

沖縄の結婚式での父親、母親の服装。親の服装はフォーマルか、かりゆしウェアか。選び方や衣裳費用の負担まで解説

沖縄の結婚式に参列する父親、母親の服装では、まずどんな衣裳を着るか考える際に新郎側、新婦側の両家の親の衣裳の格を合わせることが大切です。フォーマルな結婚式の親の服装では父親は黒紋付袴やモーニングか他タキシード、母親は黒留袖といった考え方が一般的ですが、沖縄の結婚式ではかりゆしウェアやかりゆしワンピースを着用することも多いのです。

フォトウェディングフォトウェディング

沖縄の結婚式での両親の服装は両家の服装の格を合わせることが大切

沖縄の結婚式での父親、母親の服装。親の服装はフォーマルか、かりゆしウェアか。選び方や衣裳費用の負担

沖縄の結婚式で、参列する父親と母親の服装は「何を着るか」も大切ですが、新郎側の親と新婦側の親が服装の格を合わせることが大切になります。片方の親が洋装であればもう片方の親も洋装、母親同士であれば黒留袖で揃える、または両家ともかりゆしウェアにする…といった風に、両家の親が同じ格のドレスコードで揃え、家で差が出ないよう調整します。

沖縄の結婚式で両親の服装は新郎新婦と相談する

沖縄の結婚式は多様化している上にドレスコードも本州の一般的な結婚式に比べるとゆるめであることが多いようです。また沖縄の暑さでは本州のようなスタイルは苦痛のため、フォーマルな結婚式でもかりゆしウェアや夏向きのロングドレスを着用するケースも多く見られます。
両家の父親母親も何を着るべきかは、新郎新婦がどのような結婚式を想定しているか、どのような服装で参列して欲しいかの意向を確認した上で選んだほうが良いでしょう。また、両家の親の服装を揃えるために、新郎新婦に間に入って調整役をしてもらうことも大切です。

沖縄の結婚式の親の服装はかりゆしウェアやかりゆしワンピースも多い

沖縄の結婚式では、親の衣裳としてかりゆしウェアやかりゆしワンピースが多く選ばれます。かりゆしウェアとは、日本と関わりの深いアロハシャツをモチーフに作られ沖縄県産の原材料を使い沖縄らしさを取り入れることを基準として生産されたシャツです。
かりゆしウェアはワイシャツとネクタイに代わる夏期の服装として、沖縄に広く定着しました。近年ではリゾ婚ブームによって、沖縄県外の方が沖縄県内で結婚式を挙げる際に、出席者の方々へかりゆしウェアの着用を薦めるケースも急増中です。
特に県外からのリゾートウェディングに参列するゲスト、父親や母親は、結婚式の会場や内容がフォーマル、カジュアルに関わらず、かりゆしウェアやかりゆしワンピースを着用することが多いようです。

フォーマルな沖縄の結婚式の父親、母親の服装

格式の高いホテル内のチャペルでの挙式や披露宴を行う場合や、ゲストで目上の方や仕事関係の方、年配の方が多い結婚式、ゲスト数が多い結婚式の場合には、父親、母親の服装は一般的な結婚式のマナーに沿ったフォーマルな衣裳を選んだほうが良いでしょう。
ただし、フォーマルな結婚式でもかりゆしウェアやサマードレスを着用するといった姿も多くみられます。新郎新婦の意向や結婚式の内容、ゲストの顔ぶれなどを見て判断しましょう。

フォーマルな沖縄の結婚式の父親の服装

父親の最も格式が高い正礼装

格式が高いホテルなどの結婚式では正礼装を選びましょう。 和装であれば黒紋付袴を着用します。
洋装であれば、昼はモーニング、夜は燕尾服かタキシードを選びましょう。

父親の準礼装

正礼装より格は落ちるものの、一般的な結婚式では父親の服装として着用を選ぶことが可能です。和装より洋装であることが多く、昼はブラックスーツ、夜はタキシードを選びます。現在は夜もブラックスーツを着用する人も多く見られます。

フォーマルな沖縄の結婚式の母親の服装

母親の最も格式が高い正礼装

母親の結婚式での正礼装は一般的には和装が多く選ばれ、留袖を選びます。黒留袖が最も格式が高い衣裳ですが、色留袖を選ぶこともできます。ただし、その際は相手側の母親も色留袖を選ぶ、という風に、黒留袖か色留袖かを揃える必要があります。
ただし、沖縄の夏は暑く着物の着用はあまり向いていないため、洋装を選ぶケースも多いようです。洋装の正礼装は、黒の袖付きのブラックロングドレスになります。必ず袖が隠れるデザインである必要があり、ノースリーブドレスの場合はドレスに合わせたジャケットやボレロなどの羽織ものを着用する必要があります。

母親の準礼装

母親の準礼装は、少しカジュアルなビーチウェディングやガーデンウェディング、レストランウェディングなどで選ばれることが多い服装です。
和装であれば訪問着が着用できます。
洋装であれば袖付きなどノースリーブでないロングカラードレスや、スカートスーツなどを結婚式の服装として選ぶことができます。
パンツドレスやパンツスーツは女性の場合は格下の衣裳になるため、母親の場合は避けた方が良いでしょう。

カジュアルな沖縄の結婚式の父親、母親の服装

沖縄の結婚式での父親、母親の服装。親の服装はフォーマルか、かりゆしウェアか。選び方や衣裳費用の負担

沖縄でのリゾートウェディングで人気の、ビーチやガーデンでのウェディングでの服装は、ドレスコードはかなりゆるめであることが多いでしょう。

カジュアルな結婚式の父親の服装

かりゆしウェアまたはアロハシャツにきれい目のスラックス

基本的には、鮮やかなかりゆしウェアに合うような、白や黒のスラックスや、センタープレスの利いたキレイ目のチノパンなどを用意します。丈の長さはフルレングスが基本です。
また靴はキレイ目の革靴がおすすめです。結婚式では黒か茶のひも付きのストレートチップやプレーントゥが一般的です。

関連記事:「かりゆしウェアを結婚式の服装としてコーディネート!男性がシャツの下に合わせるパンツや靴は?」

ブラックスーツやジャケパンスタイルも多い

カジュアルな沖縄の結婚式では、一般的なゲストが着用するブラックスーツやジャケパンスタイルのような服装も父親も着用していることが多いようです。結婚式の内容やゲストの顔ぶれ、新郎新婦の意向を聞いて着用スタイルを判断しましょう。

カジュアルな結婚式の母親の服装

かりゆしワンピースまたはハワイアンドレス

母親は沖縄の結婚式では、フォーマルやカジュアルなど式の内容にかかわらず、ロング丈のかりゆしワンピースやハワイアンドレスを着用することも多くあります。かりゆしワンピースやハワイアンドレスを選ぶ際は、ノースリーブでの参列も問題はありませんが、室内での冷房避けのためにも羽織ものを持参することをおすすめします。

関連記事:「沖縄の正装!結婚式お呼ばれで着たい「かりゆしワンピース」のコーデやマナー」

サマードレス

カジュアルな沖縄の結婚式ではサマードレスやリゾートドレスなど、夏らしい柄物のドレスの着用も多く見られます。ドレスコードもゆるめのため、カジュアルな結婚式の場合はサンダルやミュールなどで足元をコーディネートすることも多いようです。ただ、母親の場合はあまりに砕け過ぎた服装は避け、ある程度パーティを意識したコーディネートを心がけましょう。

沖縄の結婚式での親の服装準備はレンタルか購入か

沖縄の結婚式で親の服装を準備する際は、結婚式を行う沖縄での衣裳レンタルを利用する人がほとんどのようです。
結婚式を行う会場と提携する衣裳店だけでなく、沖縄にあるレンタル業者に依頼することも多くあります。かりゆしウェアやかりゆしワンピースなどの沖縄らしい衣裳も、通常のフォーマルな衣裳に比べると格安でのレンタルが可能になっています。

沖縄の結婚式での親の衣裳費用の料金と負担

沖縄の結婚式に参列する父親、母親の衣裳費用や着付け、美容費用は、多くの場合は新郎新婦が負担する例が多くみられます。特に沖縄以外の本州からのリゾートウェディングの場合、親孝行として衣裳代だけでなく旅行費用なども新郎新婦が負担するケースが多く見られます。
また、かりゆしウェアやかりゆしワンピースを準備する際は、結婚の記念のプレゼントとして両家の親にお揃いのシャツとドレスを購入してプレゼントする、というケースもよく見られます。

沖縄の結婚式での父親母親の服装は新郎新婦とよく相談することが大切

沖縄での結婚式の服装は、沖縄以外の場所から参列する人も多いため、情報や知識がなく迷ってしまうことも多いでしょう。まずは、新郎新婦がどのような結婚式を想定しているかをよく聞いて、親の服装についてどう考えているかを確認し両家で相談して決めることをおすすめします。

挙式挙式

関連記事

Contact
マリンビジューブライダルサロン

098-901-5454

10:00~17:00/定休日:日曜日

挙式挙式
Ceremony

Ceremony

フォトウェディングだけでなく、チャペルでの挙式を挙げたいと思うおふたりにはこちらのコンテンツがピッタリです。 沖縄の海と空を感じながら「人前式」の挙式をすることが可能です。大切な家族や友人を呼んで少人数での結婚式をするのもの良し、二人だけで愛を誓うのも良しと様々なシチュエーションに合わせて結婚式が行えます。おふたりの理想の結婚式を沖縄で探してみるのはいかがですか。

Salon &Access

電話する WEBでお問合せ
pagetop