PHONE098-901-5454

沖縄ウェディングの情報発信マガジン

結婚式前撮りとフォトウェディングの違いとは?費用相場はどらが安い?それぞれのメリットや特徴を紹介

結婚式前撮りとフォトウェディングの違いとは?費用相場はどらが安い?それぞれのメリットや特徴を紹介

結婚式前撮りとフォトウェディング、どちらも結婚式衣裳を着用して記念撮影をすることですが、意味に違いがあるのでしょうか?また、どちらも大人気となっている理由やそれぞれのメリットとは何でしょうか?費用が安いと言われる意味は?前撮りとフォトウェディングを比較して、結婚式になくてはならない大切な思い出を作る手掛かりにしましょう。

フォトウェディングフォトウェディング

結婚式の「前撮り」と「フォトウェディング」の違いとは?

結婚式の「前撮り」と「フォトウェディング」の違い

結婚式のなかでよく聞く「前撮り」と「フォトウェディング」には、どのような違いがあるかご存じでしょうか。

結婚式前撮りとは

『前撮り』とは、結婚式より前の別の日に和装や洋装で新郎新婦が記念写真を撮影すること。よく聞く「結婚式の前撮り、後撮り」は、結婚式を挙げることを前提として行う写真撮影です。『別撮り』ともいいます。
結婚式当日にウェディングドレスなどの洋装を選択したら前撮りでは和装を、挙式当日が和装なら前撮りでは洋装を選択するなど、当日とは異なる衣裳を着用できるのが前撮りの醍醐味です。
フォトウェディングは結婚式は行わず、撮影自体が「結婚式」の代わりであるため、前撮りや後撮りとは区別して使用する言葉になっています。

フォトウェディングとは

フォトウェディング(フォト婚)とは、いま注目されている結婚式のスタイルのひとつ。 結婚の記念に写真撮影をする、「写真だけの結婚式」です。 結婚式や披露宴は行わないものの、ウェディングドレスとタキシード、白無垢と紋付袴など、結婚式の際の衣装を着用して、写真撮影を行うことで「結婚の記念」とします。
現在はフォトウェディングにはさまざまなプランが用意されており、撮影だけとは限りません。結婚式会場の挙式会場を平日などに貸し切り、立会人も参列しての挙式も行えるプランから、両親や兄弟など身近な人のみを招いて撮影の後に会食も用意できるプランなど、「フォトウェディング」プランの幅は広がっています。

「前撮り」と「フォトウェディング」のプラン内容は?費用相場はどちらが安い?

基本的にフォトウェディングと結婚式前撮りのプランはほぼ同一であり、明確な違いはありません。そのため、撮影にかかる費用もほぼ同じと考えることができます。ただ、挙式も行いたいと考えていたり、結婚式用にウェルカムボードに加工したいと考えている場合には、オプション費用がかかったり、撮影場所によっては費用が大きく変わる場合があります。

費用の内訳などについては詳しくはこちらをご覧ください。

関連記事:「フォトウェディングの費用相場。料金の内訳と料金が上がる仕組みを解説 」

結婚式の「前撮り」と「フォトウェディング」のそれぞれのメリットとは?

結婚式の「前撮り」と「フォトウェディング」のメリット

結婚式前撮りのメリット

結婚式の前撮りを行うメリットとは、どのような部分があるのでしょうか

データ出展:ゼクシィ 結婚トレンド調査2019調べ

結婚式とは違った衣裳が安い費用で思い切り楽しめる

結婚式衣裳の費用で例えばウェディングドレスの平均料金は 26.6万円、白無垢なら17.9万円ですが、前撮りの撮影の際にはプラン内に衣裳料金が組み込まれていることも多く、非常に格安で衣裳がレンタルできるため、値段を気にせずに好きな衣裳が楽しめます。そのため、新婦の前撮りの衣裳平均着用枚数は2.0枚(スタジオ撮影の場合)になっており、さまざまな衣裳を楽しんでいるようです。

結婚式当日は撮れないシーンや表情の撮影ができる

結婚式当日は緊張してしまい、写真撮影で良い表情をつくれないカップルも多いことから、前撮りでリラックスした雰囲気の写真を事前に残しておけることはメリットといえるでしょう。特にスタジオ撮影では周囲に見ている人はおらず、新郎新婦とカメラマンだけでの撮影になるため、緊張してしまう方でも思い切った表情が楽しめるでしょう。

前撮りの撮影データで演出アイテムを作成できる

前撮りの撮影データをもとに、結婚式本番で使用するペーパーアイテムやウェルカムアイテムなど、演出アイテムの制作に使用可能です。また、年賀状や結婚報告のはがきなどに画像を利用する人も多くいます。

結婚式本番のヘアメイクリハーサルとしても有効

結婚式前に撮影を行う場合は、結婚式本番のに向けてのヘアメイクリハーサルとしても活用できます。本番のヘアメイクで、前撮りでのヘアメイクを踏まえてお願いしたいことが具体的になるでしょう。また、ポーズや表情作りのリハーサルとしても活用できるため、本番での写真映りがよりよくなりそうですね。

フォトウェディングの特徴とメリット

フォトウェディングのメリットとは、前撮りとは違ったメリットが多くあります。

通常の結婚式と比較して費用が圧倒的に安い

ゲストを招待し披露宴を行うような通常の結婚式の平均費用はは354.9万円。新郎新婦の平均自己負担(ご祝儀を引いた純粋な負担金額)はは149.5万円になっています。
いっぽうでフォトウェディングを行った場合の撮影費用は、衣装代なども含めスタジオ撮影の平均費用は 16.7万円、屋外などで行うのケーション撮影の平均費用は17.6万円と、自己負担を比較しても費用は1/9程度。費用を抑え今後の二人の新婚生活のための資金として貯金などに利用できるでしょう。

挙式も可能。二人だけ、親族だけの式が可能

フォトウェディングは前述した通り、結婚式会場などの挙式設備を利用した挙式を挙げることも可能です。二人きりだけでなく、ゲストを招待して一緒に挙式に参加してもらい、撮影することもできる会場もあります(招待可能ゲスト数は施設ごとに異なる)。
また、撮影後に会食を用意することができるプランも。自分たちが結婚式として「必要だ」と考える範囲のプランを探したり、付け足すことができるのです。

準備期間はほぼなく予約がとれればすぐに可能

通常の結婚式の平均準備期間は8~6カ月が必要ですが、フォトウエディングは希望の日にスタジオや会場の空きがあり、カメラマンの予定が空いていれば比較的すぐに撮影が可能です。打合せも通常1~2回程度で、リゾート地などのフォトウェディングは打合せなしでの撮影も可能です。準備は結婚式と比較してほとんどいらず、「やりたい」と思ったら、すぐにできるという気軽さも大きなメリットです。

リゾート地、観光地での新婚旅行を兼ねたフォトウェディングも可能

現在では国内、海外のリゾート地や観光地でフォトスタジオや撮影施設が充実しており、フォトウェディングプランが非常に数多く用意されています。リゾート地で新婚旅行として非日常のロケーションを楽しみながらフォトウェディングを行い、結婚式の最高の思い出を作ることができるのも、大きな魅力のひとつでしょう。

結婚式の最高の思い出を作るために前撮りやフォトウェディングを検討しよう

いまや前撮りやフォトウェディングは、結婚式の思い出を記録として残すためのものだけではなく、撮影時間そのものも結婚の思い出として楽しむものとして非常に人気があります。プランや撮影施設も充実しており、結婚式比較すると格安でウェディング気分を存分に味わえるサービスになっています。ぜひそれぞれのメリットをチェックして、検討に役立ててくださいね。

挙式挙式

関連記事

Contact
マリンビジューブライダルサロン

098-901-5454

10:00~17:00/定休日:日曜日

挙式挙式
Ceremony

Ceremony

フォトウェディングだけでなく、チャペルでの挙式を挙げたいと思うおふたりにはこちらのコンテンツがピッタリです。 沖縄の海と空を感じながら「人前式」の挙式をすることが可能です。大切な家族や友人を呼んで少人数での結婚式をするのもの良し、二人だけで愛を誓うのも良しと様々なシチュエーションに合わせて結婚式が行えます。おふたりの理想の結婚式を沖縄で探してみるのはいかがですか。

Salon &Access

電話する WEBでお問合せ
pagetop