PHONE098-901-5454

沖縄ウェディングの情報発信マガジン

沖縄の結婚式でゲストに迷惑に思われない招待の方法。招待時期やお車代についての確認

沖縄の結婚式でゲストに迷惑に思われない招待の方法。招待時期やお車代についての確認

沖縄で結婚式をするのに、大切なゲストに来てほしいが、迷惑に思われないか心配と考えている方へ。リゾートウェディングは旅行や宿泊を伴う結婚式のため、ゲストも日程を調整し、宿泊や旅行を手配し、参列する服装やヘアメイクを整える必要があるのです。その準備を負担に感じ「迷惑だ」と感じてしまうケースが多いでしょう。大切な人を招待する際、ゲストから「迷惑だ」と思われないよう、配慮したい点や招待前に決めておきたいポイントを解説します。

フォトウェディングフォトウェディング

沖縄の結婚式に参列するゲストのスケジュール調整への不安を解消するには

沖縄の結婚式に参列するゲストのスケジュール調整への不安を解消するには

家族や大切なゲストと素敵な思い出をつくるためにリゾートウェディングを計画しても、ゲストの都合を無視した招待の伝え方や挙式予定時期によっては、不安を感じさせてしまう恐れもあります。

【ゲストの不安・心配ポイント】
・結婚式のための休暇取得
・平日挙式や時期によっては休暇がとれない場合も

招待したいゲストには挙式予約の前にリゾ婚を検討していると伝える

挙式の正式な申し込みをする前に、ふたりが『リゾートウェディング』を希望していると、両家の親や絶対に出席して欲しい人に伝えておきましょう。特に両家の親には、納得して沖縄まで出席してくれるか、事前の確認は必須です。
リゾートでおこなう結婚式はなんとなく知っていても、年配の方や両親世代では馴染みのない方が多く戸惑うケースもあります。
確認をとる際は、「航空での移動を伴う旅行である」「ゲストの旅行費用と手配の負担方法」について説明ができるようにふたりの考えを決めておくと、承諾を得やすくなります。

ゲストが休暇を取りやすい時期、または絶対に休めない時期をヒアリングする

沖縄などリゾートへの挙式は、新郎新婦だけでなくゲストも宿泊を伴います。招待したい方に、あらかじめ休暇が取れる時期や、絶対に休めない時期を確認しましょう。
特に平日の挙式開催を考えているなら、ゲストには早い時期から挙式予定日を伝え、休暇取得が可能かどうかを考えてもらう必要があります。
また、小学生以上の子どもがいる親戚や兄弟を招待する場合には、学校が長期休みになる時期に挙式をすることも検討しましょう。

沖縄の結婚式に参列するゲストの旅行費用の不安を解消するには

沖縄などリゾートウェディングでゲストを悩ませる大きな理由が旅行費用です。
結婚式では、遠方までお祝いに駆け付けてくれたゲストの航空費用や宿泊代を、感謝の気持ちを込めて『お車代』として新郎新婦が一部負担するのがマナーとされています。
しかし、リゾートウェディングの旅行費用は、一般的な結婚式のお車代より高額になる傾向で、ゲストだけでなく新郎新婦側も対応に悩んでしまうケースも多いようです。

【ゲストの不安・心配ポイント】
・参列のための旅行費用
・ご祝儀の用意
・大型連休、夏休みに挙式予定だと航空券や宿泊費が高くなる

ゲストに旅費を負担してもらうなら招待前の事前連絡で伝えるのがベスト

現在、国内リゾートウェディングでは、ゲストの旅行費用負担の考え方は『ゲストの旅費、宿泊費を負担しない代わりにご祝儀を辞退する』が主流になっています。
招待したゲストに旅行費用を負担してもらう代わりに、ご祝儀は辞退し、セレモニーや挙式後の会食やパーティを用意して楽しんでもらいます。
ご祝儀を辞退すると事前にしっかりと伝えておけば、お車代をお渡ししない場合でも失礼にはあたらないでしょう。

『お車代』を新郎新婦側が負担する場合のゲストへの対応方法

ゲストの旅費を負担する場合は、出発地や滞在日数に関わらず、一律でゲスト1人あたり3万円〜5万円程度がお車代を用意することが相場になっているようです。またお車代を負担するなら、一般的には事前に伝えるケースは少なく、当日に受付などでお渡しする流れが多いでしょう。
リゾートウェディングは少人数参列のケースが多く、受付を設けない場合もあります。受付がない場合は、新郎新婦(またはふたりの両親)からお車代を渡します。
新郎新婦は当日慌ただしく、お車代をお渡しするタイミングが難しいこともあるので、事前に両親にお車代を渡してもらえるように頼んでおきましょう。両親がゲストにお車代を渡すタイミングは、挙式前のゲスト控室で待っている時間がおすすめです。

大型連休や夏休みといったリゾートの繁忙期を避ける

ゲストの旅行費用の負担を減らしたいなら、大型連休や夏休みといったリゾートの繁忙期を避けるのもひとつの配慮方法です。
一般的に沖縄旅行の旅費は、7月から8月の夏休み時期が価格のピーク。年間で見ると、夏以外で「お正月」「春休み」「ゴールデンウイーク」「シルバーウイーク」といった大型連休期間とその前後は、一時的に料金が高くなる傾向です。
本来はオフシーズンで旅費が安くなる9月中旬〜10月でも、シルバーウィーク前後の旅行料金は高騰します。
また年末年始はお正月を暖かな沖縄で過ごしたい人が集中するため、一時的なハイシーズンとなり、値段は急激に上がるので、挙式時期検討には注意が必要です。

沖縄の結婚式に参列する服装や滞在中の過ごし方への不安を解消するには

沖縄の結婚式に参列する服装や滞在中の過ごし方への不安を解消するには

沖縄はじめリゾート地での結婚式は、普段自分たちが住む地域とは気候や環境が異なり、非日常空間を楽しめる場所です。
いっぽうで、服装はどうすればいいのか?滞在中はどう過ごそうか?など、ゲストが準備することも増えるため、手間や面倒さを感じさせてしまうことも考えられます。
リゾートでの結婚式を快適に過ごし楽しんでもらうため、新郎新婦から衣裳や滞在先について提案し、不安を取り除いてもらえるようにしましょう。

【ゲストの不安・心配ポイント】
・リゾートウェディングに参列するための服装や準備
・公共交通機関が乏しい時の移動手段(自動車運転が必要な場合も)

ゲストが参列する服装のドレスコードは新郎新婦が具体的に説明

リゾート地での結婚式は、地域の伝統的な挙式会場や結婚式に特化したチャペル、ビーチやガーデンなど、幅広いウェディングスタイルで行われます。また、沖縄での結婚式の服装マナーは比較的ゆるやかで、ドレスコードは新郎新婦の意向で決まります。
まずはふたりが決めた会場の環境や挙式スタイルを確認したうえで、雰囲気にあったドレスコードや服装について新郎新婦が話し合いましょう。ゲストに招待状を送る時に、挙式会場や服装について、わかりやすい説明を加えると良いでしょう。
同時に、女性ゲストには「現地でのヘアセットやメイクが必要な場合は手配しますのでおっしゃってください」と伝えられると、親切で喜ばれます。

両家族の服装の格は新郎新婦が仲介してそろえる

リゾートウェディングの親や親族の服装は、一般的な結婚式のように正礼装の「紋付袴、黒留袖」「ブラックスーツ、フォーマルドレス」である必要はありません。
他の一般ゲストと同じように、かりゆしウェアやサマードレスなどの南国の雰囲気を楽しめる、気候にあった着心地のよい服装が人気です。 ただし、片方の家の親が正装をして出席するのに、片方の家の親はリゾートフォーマルだった…といった事態にならないよう、事前に新郎新婦が間を取り持って服装の格やテイストをそろえるよう決めておくとよいでしょう。 新郎新婦から両家の親へ、結婚式で着用してもらうかりゆしウェアやワンピースをプレゼントとして用意するケースもよく見られます。

ゲストにおそろいの衣裳やブライズメイド・アッシャーを依頼するには

ゲスト全員でおそろいのかりゆしウェアを着用したり、ブライズメイドやアッシャーを依頼して、記念に残るフォト撮影を希望する方も増えています。
衣裳準備や費用は新郎新婦が負担し、事前にゲストへかりゆしウェアやおそろいの衣裳をプレゼントするケースが多く、特に両親へ贈る場合、一緒に選んでプレゼントすると喜ばれます。
また、招待状にドレスコードを指定をして、各自用意していただく場合もあります。
おそろいのワンポイントのアクセサリー(タイやチーフ、靴下、ブレスレット、コサージュ、ミニブーケ)を手配し、ギフトとしてプレゼントするアイデアもおすすめです。服装は違っても、おそろいアイテムを身に着ければ統一感がでます。

車の運転ができないゲストやリゾートでゆっくり過ごしたい方への配慮

リゾート地での移動やアクセスへの配慮も大切です。「沖縄のようなリゾート地は、自動車移動が必須なのでは?」「空港からの移動時間がかかるのでは?」と不安になるゲストも多いでしょう。
空港からリムジンバスなど公共交通機関が利用可能なアクセスのよい場所に挙式会場を選んだり、挙式会場周辺にホテルの選択肢が多いリゾートを選ぶなど配慮しましょう。
ホテル・飲食店・観光施設・マリンスポーツなどアクティビティ・娯楽施設などのそろうリゾートなら、自動車移動がなくても十分沖縄らしい楽しみを満喫できます。

挙式挙式

関連記事

Contact
マリンビジューブライダルサロン

098-901-5454

10:00~17:00/定休日:日曜日

挙式挙式
Ceremony

Ceremony

フォトウェディングだけでなく、チャペルでの挙式を挙げたいと思うおふたりにはこちらのコンテンツがピッタリです。 沖縄の海と空を感じながら「人前式」の挙式をすることが可能です。大切な家族や友人を呼んで少人数での結婚式をするのもの良し、二人だけで愛を誓うのも良しと様々なシチュエーションに合わせて結婚式が行えます。おふたりの理想の結婚式を沖縄で探してみるのはいかがですか。

Salon &Access

電話する WEBでお問合せ
pagetop