PHONE098-901-5454

沖縄ウェディングの情報発信マガジン

沖縄リゾートウェデイングの平均総額は?海外のリゾ婚と比較しながら解説します!

沖縄リゾートウェデイングの平均総額は?海外のリゾ婚と比較しながら解説します!

鮮やかな植物と透き通る青い海を眺めながらの結婚式、日常から離れた南国での結婚式に興味のあるカップルや、実際にリゾート地で結婚式をされるカップルは年々増えています。 その中でも国内リゾート婚といえば、やはり「沖縄」は外せない候補地! パスポートの要らない異国情緒あふれる島国での結婚式は、全ての時間を特別な思い出へと変えていきます。 その結婚のご祝儀、お車代、引出物などを含めた平均費用総額と、ハワイやバリ、グアム・サイパンといった開放的で美しい海を眺める島国でのリゾート婚の相場を比較してみましたので、ぜひご参考ください。

フォトウェディングフォトウェディング

沖縄は国内リゾート婚の定番!気になる費用の相場は?

日本国内にも北海道や京都、紀伊半島といったリゾート地は多々あるものの、空の青さや透き通った海が随一の沖縄。その魅力とは?そして、実際にかかる費用とその内訳についてご紹介します。

大まかな費目と総額

沖縄でリゾート婚を実施する場合、お招きするゲストの人数は「親族+友人合わせて20名前後」が多数派で、最近では「両家の両親のみ」という場合も少なくありません。 遠方での結婚式なので、「招かれていない」や「出席できない」という事で角が立たないのもリゾート婚の隠れた人気のポイントです。
ゲスト20名の場合、費用相場は170~230万円程度、お二人だけの場合は75~120万円が費用相場となります。
旅費+宿泊代は沖縄本島の場合で一人7~8万円、宮古島や石垣島等の離島を会場に選ぶと、一人15万円程度と言われています。 結婚式の時期やパーティ費用、引出物などオプションのグレードによってこの辺りは大きく変動します。 旅費・宿泊費(お車代を含む)をゲストに負担頂く場合は、ご祝儀を頂かないというのが一般的なスタイルです。 この辺りの費用負担については、招待の際にお伝えした上で参加可否のお声がけをするようにしましょう。
同じ島国ですが、グアムやサイパンといった日本近傍の海外を開催地に選ぶ場合、式の内容は一緒でも沖縄とほぼ同等か少し安くなるか、といった費用感になります。 これは、他の東南アジアの諸国でバリ島やセブ島といった場所の人気がでてきて、相対的にグアムやサイパンの観光地としての地位が下がってきていることに起因するようです。

ゲストのお車代(宿泊費や飛行機代)は負担するべき?

リゾート婚の場合、8割程度のカップルがお車代の一部もしくは全額を負担しているというアンケート結果が出ています。 「宿泊費+飛行機代の半額程度をお返し」のケース、「宿泊費のみを全額負担」、「飛行機代のみを全額負担」といったケースがあり、 宿泊費・飛行機代(お車代を含む)をゲストに負担頂く場合は、ご祝儀を頂かないというのが一般的なスタイルです。
参加者が20名未満の少人数といった結婚式の場合は、宿泊費+飛行機代を全額負担、それを超える規模の場合には渡航費は負担せずに、ご祝儀を辞退するケースが多いです。 この辺りの費用負担については、招待の際に明記した上で参加可否の連絡を頂く用にしましょう。

費用を抑えるポイントは?

大きなポイントは「①旅費の節約」「②航空チケットの早割活用」「③平日ウェデイング」の3点になります。 旅費と航空チケットは、出費の大部分を占めているので、上手にホテルパックを活用したり、各航空会社の早割サービスをチェックしてみると良いでしょう。
連休や年末年始を除く、12月~2月と梅雨時期の5月~6月は沖縄県のオフシーズンです。この時期のホテルや飛行機代はトップシーズンと比較して半額以下で手配できる場合もあります。沖縄の冬のシーズンには、冬でしか楽しめないホエールウォッチングなどもあるため、料金が安い時期でもお得に楽しむことができます。
また、平日に行う結婚式も費用を抑えるポイントです。挙式料だけでも、平日と土日祝の差額は2万~10万円程度違うため、宿泊費や飛行機代も含めて全体的な支出を抑える事ができます。
結婚式であれば、会社勤めのゲストも前もってお休みをとりやすく、現地での移動や観光も混雑を避けられるとあって平日ウェデイングを支持する層は年々増えています。

沖縄ウェデイングの魅力

国内リゾート婚で人気の高い「沖縄」。パスポートのいらない南国の島は日常から離れて特別な日を過ごすのには最高のロケーションです。そんな沖縄の魅力をご紹介します。

青い海と空

沖縄県の良さについてのアンケート結果があり、それによると85%もの人々が「海が綺麗」ということを選択しています。沖縄の海の綺麗さを演出しているのは、世界で確認されている800種類のうち、200種類が沖縄の海に棲息しているという「サンゴ」です。
このサンゴは二酸化炭素を吸収して体内で光合成を行い、微量のミネラルも海中に放出します。いわば海での濾過装置の役割をしているのです。サンゴの力で沖縄の海水はクリアさを保っています。サンゴは死滅すると、白い砂になります。これが、海の底に沈んで太陽光を反射することでエメラルドグリーンの海と真っ白な海岸を作ります。

次に空が青い理由ですが、空の青さは光の性質で起きる光の乱反射である「レイリー散乱」という現象によってもたらされています。太陽光がその場所に降り注いでくるまでに進む大気の層の厚さによって、太陽光は赤~青に変化します。
太陽とその地点の距離が近ければ近いほど、この光の散乱効果は青色が強く出るため、沖縄のように明らかに本州よりも赤道に近い場所では、空が青く見えるということになります。このような理由から「沖縄の空は青くて綺麗」に映るのです。

国内なのに南国の非日常感

飛行機を降りた瞬間から感じる南国の空気、町を歩くとどこからか聞こえる歌と踊り、三線の音色。キラキラした海の景色と色鮮やかな植物の優しい香り。五感で感じる南国の島は日常を忘れる程リラックスさせてくれます。リラクゼーションやアクティビティ、観光スポットも充実しており、新しい家族と過ごす特別な時間は、これまで以上に強い関係を築いてくれるでしょう。

国内リゾート沖縄の魅力

国内リゾート婚の候補地の筆頭と言える沖縄県、その魅力は青い空と青い海のフォトジェニックなロケーションです。
リゾート婚というと、お金の事やゲストの負担が心配という声が聞こえますが、時期やこだわりたい部分を明確にする事で思っている以上にリーズナブルに結婚式を挙げれます。
また、国内なのでゲストのフォローも安心!沖縄旅行のきっかけができたと喜ぶゲストも多いはずです。
同等の空と海が結婚式の背景として欲しい、という場合にはよりリーズナブルな挙式が可能になる可能性のあるグアムやサイパンといった日本近傍の南国も候補に入れるとより選択の幅が拡がるでしょう。リゾート婚に憧れていた、興味があったという方が「これならできそう!」と思ってくれたら嬉しいです。お二人の最良の日が素敵な思い出となるよう願っています

挙式挙式

Contact
マリンビジューブライダルサロン

098-901-5454

10:00~17:00/定休日:日曜日

挙式挙式
Ceremony

Ceremony

フォトウェディングだけでなく、チャペルでの挙式を挙げたいと思うおふたりにはこちらのコンテンツがピッタリです。 沖縄の海と空を感じながら「人前式」の挙式をすることが可能です。大切な家族や友人を呼んで少人数での結婚式をするのもの良し、二人だけで愛を誓うのも良しと様々なシチュエーションに合わせて結婚式が行えます。おふたりの理想の結婚式を沖縄で探してみるのはいかがですか。

Salon &Access

電話する WEBでお問合せ
pagetop