PHONE098-901-5454

沖縄ウェディングの情報発信マガジン

沖縄フォトウェディング、8月9月の台風シーズンって実際どう?沖縄旅行通が「穴場」という時期の楽しみ方は?

沖縄フォトウェディング、8月9月の台風シーズンって実際どう?沖縄旅行通が「穴場」という時期の楽しみ方は?

沖縄は8月後半から9月にかけては台風シーズン。この時期は天候が不安定なため旅行費用が安くなり、お盆前後の込み合いから一気に観光客がひくため、旅行手配も観光もしやすい時期です。台風は確かに心配ですが、気象情報をよく確認して台風を避けて日程を組めば、充分沖縄の観光スポットを楽しめますし、きちんと予備日を設けておけばフォトウェディングの振替撮影もしやすいのです。もともと台風を前提にリゾート内やホテル内も娯楽を充実させています。本土では海水浴シーズンが過ぎても、沖縄ではまだまだ真夏。沖縄に行き慣れた「旅行通」にとって、8月&9月の沖縄は「穴場」な時期です。

挙式挙式
沖縄フォトウェディング、8月9月の台風シーズンは実際どう?
<8/1~9/30までの撮影予定の方限定・喜瀬ビーチフォトプランが超お得に叶うキャンペーン開催中です>
衣装・メイク・撮影・データ付きのビーチフォトプランがスペシャルプライス!
通常価格:¥65,780(平日価格・土日はプラス20,000円・税込)が…

平日:48,400円(税込)~
土日:70,400円(税込)~

プラン内には新郎新婦の現地衣装レンタル1着ずつ、ヘアメイク、ブーケブートニアなど小物、撮影料、アテンドスタッフだけでなく、撮影データ100枚まで含んでの特別価格です。お安く撮影できるこの機会をお見逃しなく!

【お問い合わせ】

喜瀬マリンビジューへ問い合わせする

沖縄旅行で台風に気をつけたいシーズンと旅行計画の考え方

沖縄に最接近するおそれがある台風が増えるのは7〜9月頃の約3カ月間。年によって上陸回数はまちまちで、1カ月に1〜2回しか上陸しない年もあれば、4回以上上陸する年も。 この時期は夏休みやお盆休みと重なり、沖縄旅行に訪れる観光客が非常に多くなる時期です。台風シーズンを避けたくても、やむを得ずこの時期にしか旅行に行けないという人も多いでしょう。天気予報などで進路が予想されていますが、突然思いもよらないルートに進路変更して沖縄に上陸する場合も、しない場合もあり得ます。このため、台風を避けるより、いざ台風が上陸したらどう対処するかを知っておき、代案をしっかり用意しておけば、楽しい旅行ができるのです。

沖縄フォトウェディング、8月9月の台風シーズンは実際どう?

沖縄のフォトウェディングで雨や台風時の撮影の対応や雨天保障を詳しく解説

沖縄の梅雨はざっと降ってすぐにやむ場合もあるため、雨の様子をみて撮影時間をずらす、ホテル内や室内チャペルでの撮影に切り替える、台風接近時の挙式の場合は時間をずらす…などふたりの希望を聞きながら、ふたりにあった最適な対応をおこないます。 また、せっかくのビーチでの撮影が雨に降られてしまった場合、条件付きではあるものの、一生に一度の大切な思い出作りを保障する『雨天保障』というサービスがあります。

Q:沖縄で8月〜9月の台風の時期にフォトウェディングを撮影するメリットは?

A:フォトコーディネーター山田さん

台風が過ぎたあとは海も空も澄んでいて、ベストな状況で撮影に臨めるメリットがあります。また、遊具が撤去されているため、朝一の撮影だと遊具の映り込みが少ないのです。 朝方の撮影の場合は、人が少なくプライベート感がある環境でもあります。
沖縄本島は内地に比べると台風対策がしっかりしている環境ですので、万が一滞在中に台風が来てしまった場合でも、リゾート内やホテル内で十分楽しめる環境を用意しているケースも多いですね。

・台風が去った後、すべてが入れ替わったかのように綺麗な景色に。最高のベストコンディションとなる。
・害虫や蚊がいなくなる。ロケーションフォト、特に緑が豊かなところでは、沖縄の真夏は害虫が多いので台風後は快適に撮影ができる。
・海に浮いている遊具やブイなどを台風時期は片付けているので、何もない綺麗な海を満喫できる。オーシャンビューチャペルからも何もない綺麗な海が撮影できる。
・台風直後にスタッフ総出で頑張ってビーチをくまなく掃除するので、最も綺麗な状態のビーチとオーシャンビューで撮影できる。

Q:フォトウェディングの雨天保障とは?沖縄ワタベウェディングでの対応は?

A:フォトコーディネーター山田さん

雨だからといって、沖縄でのビーチ撮影を諦められない。 そんなふたりのために、マリンビジューのフォトウェディングプランには、データ付きプランを選んでいただいた場合すべて『雨天保障サービス』が無料でついています。 たとえば、天候不良によりビーチでの撮影が出来なかった場合、スタジオ、カメラマン、ヘアメイクのスケジュール都合がつけば、沖縄滞在期間中に改めて撮影ができる保証があるのです。 (※いづれかのスケジュールの都合がつかない場合には、チャペルなリゾート内に撮影場所を変更しての撮りきりになります)

Q:飛行機が飛ばない!交通不通!台風の場合のフォトウェディングのキャンセル規定は?

A:フォトコーディネーター山田さん

台風で飛行機が飛ばない、嵐がひどく交通網が麻痺…などといった天候などの事情により撮影ができない場合、航空会社の規定、または会社の判断や規定にて撮影日の変更または中止を行う場合があります。また、中止の場合は代金は全額返金することになっています。
(お客様のご事情によるキャンセルはキャンセル料が発生いたしますのでご注意ください。)

Q:沖縄で台風が多いシーズンにフォトウェディングを申し込む際の注意点は?

A:フォトコーディネーター山田さん

沖縄の場合、本土は違って台風の速度が遅く、暴風域が通り過ぎるのにはまる一日ほどかかります。台風に関して街全体で対策しているため、リゾート内やホテル内、チャペル内での撮影は安全です。 台風が過ぎ去れば翌日はむしろ空も海もとても綺麗なベストコンディション。雨天保障を利用して日程変更ができれば、ベストな状態で撮れるのです。 そこで注意してほしいのが、撮影日がおふたりの帰りのフライト予定の日に申し込みをされること。撮影日を帰る日にすると、雨天保障を使った滞在中の撮影日変更はできません。できれば、沖縄でのフォトウェディングの撮影日は予定日の後ろに2日あったほうが安心。 スケジュールに余裕を持たせた滞在日程に組み込んで頂きたいのです。

沖縄フォトウェディング、8月9月の台風シーズンは実際どう?

台風時期の8月~9月の沖縄旅行を万全に対策するには?

旅行の申し込み方法には、「募集型企画旅行」と「個人手配」があります。募集型企画旅行は、旅行会社が飛行機やホテルなどをセットにして販売しており、一般的には「パッケージツアー」と呼ばれています。一方個人手配は、個人で飛行機のチケットやホテルなどに申し込み、それぞれに支払います。

台風が来た時の旅行対応

募集型企画旅行は台風が来たら、飛行機は同日の振替便が利用できる場合があります。他の時間帯の便に空席があることが前提ですが、午前中の便に搭乗する予定だった場合、夕方の便に振り替えてもらえるといった対応になります。変更には別途料金が発生しないケースがほとんどです。また、欠航が決定し、ツアー中止の場合は全額払い戻しになる可能性が高くなります。変更や払い戻しの方法や発生する料金は、旅行会社やパッケージの契約内容によって異なりますので、事前に確認しましょう。
個人手配の場合、自分で航空会社に確認する必要があります。利用する航空会社によりますが、本来は変更できない航空券でも搭乗日から7日以内や30日以内の便に変更してくれたり、全額払い戻しをしてくれたりするケースが多くみられます。ただし、変更や払い戻しの条件と方法は、航空会社や航空券の種類によって違うため必ずきちんと確認しましょう。全額払い戻しができると思い込んでしまい、ホームページで取り消しの操作をした結果、通常通りのキャンセル料を取られてしまう人もいます。また、航空会社によっては欠航や遅延が確定した場合にメールを配信してくれるサービスがあるため、メールアドレスを登録しておくと便利でしょう。他に、ホテルや体験プログラムなどを予約している場合も、全て自分で問い合わせをする必要があります。

沖縄旅行最終日に台風がきた場合の対応策は?

沖縄旅行から帰る日に台風が来てしまった場合は、出発前日や当日に台風が来てしまったときと同様に、まず旅行会社や航空会社に確認しましょう。旅行会社や航空会社から欠航の連絡やメールがくる場合もありますが、連絡が来ない場合は自分からきちんと確認することが大切です。飛行機が運航するかどうかは出発ギリギリまでわからないケースが多くみられるため、欠航してしまった場合にそなえて宿泊先を確保することも考えておきましょう。台風によって飛行機が欠航し、滞在を延長することになっても、旅行会社や航空会社から宿泊代などを払ってもらえる可能性はほとんどありません。宿泊代や食事代、空港からホテルへの交通費などは自己負担になることを前提にしておきましょう。
もし、台風が来やすい時期に沖縄旅行を検討しているのであれば、「台風料金」があるホテルを選んでおく方法もあります。「台風料金」とは、台風が来て滞在を延長する場合に、通常より安く宿泊できる料金のことです。また、国内旅行保険に加入しておくのも良いでしょう。国内旅行保険の中には、飛行機の欠航によって発生した宿泊代などを補償してくれるものもみられます。ただし、保険を利用するためには出発日の10日前までに申し込みが必要など、保険会社によってさまざまな条件が定められています。そのため、保険の内容や条件をしっかり確認してから加入手続きをしましょう。

沖縄のビーチ&チャペルで人気のフォトウェディングサロン「マリンビジュ―」とは

「マリンビジューチャペル」は、沖縄本島中部、名護市のかねひで喜瀬ビーチパレスホテル内にあるフォトウェディングサロンです。
名護は沖縄でも屈指の人気を誇るリゾート地帯。沖縄本島中心のため、周囲には観光地やアクティビティが充実しています。南部や北部へのアクセスも良好な立地で、観光も非常に行きやすい地域です。
また、マリンビジュ―のある「かねひで喜瀬ビーチパレスホテル」は高速インターチェンジからすぐと、車でのアクセスも良好です。

沖縄のビーチ&チャペルで人気のフォトウェディングサロン「マリンビジュ―」とは

こんなおしゃれな場所で撮影可能!『マリンビジュ―』のチャペルとは?

沖縄でも有数の天然サンゴ礁が広がる、美しい喜瀬ビーチを目の前にした純白の独立型チャペル・マリンビジュー。
“海の宝石”を意味する名前の通り、チャペル内では天井のシャンデリアと、参列席を飾るビューフラワーから揺らめくスワロフスキーのクリスタルが、燦然とした輝きを放ちます。 チャペルは海がよく見えるよう2階に設置されており、また防波壁もないという沖縄でも珍しい造りのため、扉を開ければ祭壇奥に広がる一面の窓から、圧巻のオーシャンビューを望むことができます。
白亜の大理石のバージンロードの両脇には24名が参列可能なソファーが設けられており、大切な人に参列してもらってのセレモニーも可能です。撮影後や挙式後のアフターセレモニーは、チャペル脇に設けられた大階段でオプションのフラワーシャワーなども楽しめます。

沖縄のビーチ&チャペルで人気のフォトウェディングサロン「マリンビジュ―」とは

チャペルの目前!『喜瀬ビーチ』とは?

喜瀬ビーチは白い砂浜と瑠璃色の優しい海が印象的な天然ビーチ。他のビーチと比べ、自然や環境が手付かずの状態で残されており、オーシャンビューのチャペルからその美しい風景を間近で臨むことができます。
また移動時間もほとんどなくビーチでのフォト撮影が楽しめる絶好のロケ―ションであり、マリンビジュ―が「短時間&格安料金で、一生の思い出になるチャペル撮影も沖縄らしいおしゃれなビーチ撮影も叶う」大きな理由になっています。

チャペルの目前!『喜瀬ビーチ』とは?

打ち合わせ、試着、撮影のすべてがスムーズな理由は?

打ち合わせを行うサロン、挙式を行うチャペル、ロケーション撮影を行うビーチ、会食を行う会場…とすべてがホテル内に揃っているため、打ち合わせから挙式までたった4時間とスムーズに進行するのです。移動にかかる時間がなく、フォトウェディング以外の時間を観光などにゆったりと使った旅行計画が立てられるでしょう。
また、移動がなく短時間なため、マタニティウェディングを計画されているおふたりにもおすすめです。 宿泊をご利用されるなら、オーシャンビューが楽しめる客室も多数あり、車椅子の方やご年配の方にも安心のバリアフリーまで整った「ユニバーサルツイン」の用意もあるなど、施設面の充実はホテルならでは。ご両親、お友達、お子さま連れなど、あらゆる場面を想定し安心してゲストや同行者の方を招待していただけます。

unnamed (1).jpg

マリンビジューのチャペルとは、どんなチャペル?

もともとリゾートウェディングのパイオニアであるワタベウェディングが「少人数でのアットホームな結婚式」を希望される方のために、工夫を凝らし専用に建てられた本格的なチャペルです。
2016年からフォトウェディングのプランを開始したのですが、オープン当初は結婚式のみ行っていたチャペルで、沖縄にふたれだけ、または家族旅行と兼ねてハネムーンに行かれる方が、費用を抑えつつも本格的な挙式が叶う会場なんです。
オープン当初から「この値段で結婚式できる!」とリゾ婚希望のカップルに驚きと喜びの反響が大きく、注目されました。
現在はフォトウェディングプランが注目される世の中の流れですが、マリンビジュ―は変わらず挙式プランも行っています。

撮影同行者は何人まで可能?

マリンビジュ―の挙式プランは幾つかのサイトからお申込み可能ですが、現在ご覧頂いているマリンビジュ―本サイト(https://photowedding.okinawa/plan/)からお申込みいただければ、ゲストが増えても追加料金なくゲスト参列が可能になっています。
チャペル内は最大24名まで着席対応できますが、コロナ禍は16名までとさせて頂いていました。現状に関してましては、サロンにお問い合わせください。
マリンビジュ―は家族旅行で大人気のホテル『喜瀬ビーチパレス』がすぐにあるので、宿泊先も安心です。
また、喜瀬周辺の名護市には、有名な人気ホテルやリーズナブルなホテルも多数ある、沖縄でも屈指のリゾート地帯なので、喜瀬ビーチパレス以外も会場近くのホテルはとても探しやすい環境です。

フォトウェディング撮影当日でも挙式プランに変更可能ってほんとう?

実は撮影当日でも、挙式プランへの変更は可能です。
最初はフォトウェディングだけでよかったけれど、やっぱり迷いがある方は、思い切って当日に挙式プランに変更される方も多いのです。
また、当日まで迷っていなかったけど、当日にサロン内で流れている挙式の映像と料金を見て「できるならやっぱりやりたい」と考え直す方が多いんです。
ゲストや同行者がいるフォトウェディングの場合は「やはり愛の誓いの場を大切な人たちに見守ってほしい」「大切な家族にサプライズしたい」と、計画を変更される方もいます。 ただ写真を撮るだけでなく、挙式をするのは家族にとても喜ばれます。
とてもいい思い出になるだけてなく、撮影だけと比べ時間の重みや、思い出に対しての重みか違ってくるのだな、と皆様を見守っていて感じています。

挙式挙式

関連記事

Contact
マリンビジューブライダルサロン

挙式挙式
Ceremony

Ceremony

フォトウェディングだけでなく、チャペルでの挙式を挙げたいと思うおふたりにはこちらのコンテンツがピッタリです。 沖縄の海と空を感じながら「人前式」の挙式をすることが可能です。大切な家族や友人を呼んで少人数での結婚式をするのもの良し、二人だけで愛を誓うのも良しと様々なシチュエーションに合わせて結婚式が行えます。おふたりの理想の結婚式を沖縄で探してみるのはいかがですか。

Salon &Access

電話する WEBでお問合せ
pagetop