PHONE098-901-5454

沖縄ウェディングの情報発信マガジン

5月・6月の沖縄でのフォトウェディングは穴場!梅雨時期のフォトウエディングにおすすめ「青空加工」とは?

5月・6月の沖縄でのフォトウェディングは穴場!梅雨時期のフォトウエディングにおすすめ「青空加工」とは?

雨や曇りの沖縄のフォトウェディングにおすすめなのが「青空加工」。梅雨時期、晴天も多いものの変わりやすい天候の5月〜6月の沖縄のウェディングフォト撮影で「ビーチでの青空の下での思い出を諦められない」方におすすめのオプションサービスです。喜瀬マリンビジューでは、今回この青空加工のサービスを、梅雨時期のビーチ撮影プラン(100枚以上データ納品プランの方対象)をご予約いただいたすべてのお客様に特典でおつけするフェアを開催中です。

挙式挙式
【アーリーサマーキャンペーン】
◆対象:2023年5月8日~6月18日の撮影を計画・お申込みした方
5月8日から6月18日の期間での撮影を予定し、ビーチ撮影を含むフォトウェディングプラン(100カット以上データ付き)をお申込みいただいた方に、成約特典として、もれなく青空加工を施したデータをプレゼントします。
また、ビーチフォトプランをお申込みいただいた場合、17,380円お得になります。

【1】成約特典・青空加工編集プレゼント!
5月8日〜6月18日に撮影されるご成約者全員が対象です。
※対象プランは、ビーチ撮影含む、100カット以上納品が条件です。
※青空加工編集するお写真は、弊社お任せとなります。
※加工編集は空のみです。(海などは加工編集無となります)
※撮影日が晴天の場合は対象外となります。

【2】期間限定プラン・ビーチフォトプラン¥48,400
5月8日〜6月18日に撮影する「ビーチフォトプラン」が17,380円お得に!

※お申込みはこちらからお問い合わせください。

5月・6月の沖縄でのフォトウェディングは穴場!梅雨時期のフォトウエディングにおすすめ「青空加工」とは

梅雨の沖縄のフォトウェディング…くもりや雨はどう影響する?

沖縄ではGW明け、5月半ばから6月にかけて梅雨時期に入り、比較的空いている時期になります。さらに航空費や宿泊費などが大幅に安くなり、空いているビーチでマリンアクティビティを楽しんだり、観光もしやすい時期。じつは沖縄旅行の「穴場」的な時期です。

沖縄の梅雨入り5月〜6月、沖縄が梅雨入りに。沖縄の梅雨や雨のシーズンの天気は東京や本土とどう違う?

沖縄の梅雨の雨は本土のじめじめ・しとしとと降る雨とは違って、沖縄ではスコールのようざっと短時間で降った後に、すぐにカラっと真っ青な晴天が広がる、本土とは異なる南国独特の天候が特徴です。
逆にいうと、天気はすぐに大きく変わってしまうため、天気予報があてになりません。
ビーチでの撮影時には、当日の雨雲レーダーをスマートフォンなどで常時チェックし、雲の動きをみながら天候のタイミングを見計らってビーチでの撮影を行っています。 そのため、梅雨だから沖縄らしい碧い海や、美しい空を背景にした撮影ができない、ということはまったくありません。

梅雨時期で撮影が雨になってしまわないか心配…そんな方にはフォトウェディングの雨天保障

雨だからといって、沖縄でのビーチ撮影を諦められない。 そんなふたりのために、沖縄ワタベウェディングのフォトウェディングプランには、データ付きプランを選んでいただいた場合すべて『雨天保障サービス』が無料でついています。
たとえば、天候不良によりビーチでの撮影が出来なかった場合、スタジオ、カメラマン、ヘアメイクのスケジュール都合がつけば、沖縄滞在期間中に改めて撮影ができる保証があるのです。 (※いづれかのスケジュールの都合がつかない場合には、チャペルなど室内に撮影場所を変更しての撮りきりになります)
より沖縄の雨や曇り・梅雨時期の撮影について詳しく。梅雨時期に撮影した画像も多数掲載しています。

梅雨入りで曇り空の沖縄フォトウェディングにとっても強い味方!「青空加工」とは?

「青空加工」とはあいにくの曇り空など、天気の悪い空を青空にレタッチする加工サービスです。現在ではスマートフォンやパソコンのアプリでも調整ができますが、プロに依頼した場合、全体の色調も調整するので非常に自然な仕上がりになるのです。
※青空加工には人物や建物を消したり、人物の影を調整したりなどの加工は行いません。

青空加工前

5月・6月の沖縄でのフォトウェディングは穴場!梅雨時期のフォトウエディングにおすすめ「青空加工」とは

青空加工後

5月・6月の沖縄でのフォトウェディングは穴場!梅雨時期のフォトウエディングにおすすめ「青空加工」とは

自然な青空で当日の曇り空がうそのよう。仕上がりも自然に

沖縄の梅雨時期は雲の流れが早く、変わりやすいのが特徴。状況によっては、曇天で青空が見えなかったり、天気はいいのに風に乗って大きな雲が空を覆い、青空がほんの少ししか見えないケースも。
そんなとき、青空加工を依頼すると、とても自然で美しい青空が、フォトのなかで再現できます。

青空加工前

5月・6月の沖縄でのフォトウェディングは穴場!梅雨時期のフォトウエディングにおすすめ「青空加工」とは

青空加工後

5月・6月の沖縄でのフォトウェディングは穴場!梅雨時期のフォトウエディングにおすすめ「青空加工」とは

本来はアルバム制作を申し込んだひとだけのサービス

「青空加工」は、本来はアルバム申し込みの方のみのサービス。
マリンビジューではアルバムを申し込んだ後、さらにオプションで5枚のデータ加工で10,000円の料金となっています。
アーリーサマーキャンペーンでは、2023年5月8日〜6月18日にビーチ撮影(要100カット以上データ納品)をお申込みいただいた方全員対象に、1枚、青空加工を施したデータをお渡しする特典付きです。
「青空の沖縄ビーチで思い出を残したかった」方に寄り添い、悔いのない、不安のない撮影になるよう、企画しました。
青空加工の出来栄えをみて「やっぱりもっと修正して思い出を残したい」方は、お会計後や旅行から帰ってしまっても、後からアルバム申し込みを追加可能です。

5月GW明けから6月の沖縄の魅力は?

5月、6月は本土よりひとあし早い沖縄の梅雨時期ですが、沖縄を知っている人ほど「意外な穴場」として旅行計画を立てるひとも多いシーズンなんです。

【梅雨時期でも満喫できる!沖縄旅行&フォトウェディングの魅力】
・旅行費用が安い
・比較的どこも空いてる
・梅雨でも1日雨が降り続く日が少ない
・海はもちろん入って遊べる
・沖縄の海は雨の日でも遠浅で碧い

5月の沖縄の結婚式やフォトウェディングの魅力やメリット。観光ポイント

那覇ハーリー他、ゴールデンウィーク中の沖縄は観光イベントが目白押しです。当然観光はハイシーズンで、ウェディング予約も観光もハイシーズンです。
ただ、道路がかなり混雑するため、沖縄では車移動にはかなり余裕をもったほうがいいでしょう。 下旬は梅雨の本番に入りますが、一日中雨が降り続くことはありません。 海の色合いも晴天時と変わらないのでチャペル内から沖縄らしい光景をじっくりと楽しめます。
ゴールデンウィークを過ぎると、5月中旬以降は沖縄はもう梅雨入りの時期なので、旅費が抑えられる時期に入ります。
梅雨は6月中旬まで続きますが、沖縄の梅雨はずっと雨が降るわけではなく、降ったりやんだりの繰り返しです。梅雨時期でも天気がいい日や時間帯も多くあります。

6月の沖縄の結婚式やフォトウェディングの魅力やメリット。観光ポイント

上旬は梅雨の影響で、旅行はそこまで混まないため、旅費が安めの時期です。
ただ、沖縄の梅雨は一日中雨の日は少なく、晴れ間も多いので、沖縄をよく知っている人には穴場の時期として人気のあるシーズンです。台風の心配もなく、沖縄らしい夏を楽しめます。
気温も28°前後でシュノーケルや海水浴が十分に楽しめます。
梅雨が明ける下旬からはベストシーズンの到来で、旅行も、式場もフォトウェディングも予約が取りづらくなるので、早めに予約を行いましょう。

5月・6月の沖縄でのフォトウェディングは穴場!梅雨時期のフォトウエディングにおすすめ「青空加工」とは

沖縄でフォトウェディングを申し込み・旅行を計画する際に注意したいポイント

せっかく楽しい沖縄旅行の計画を立てても、ほんのちょっと確認漏れをして、残念なケースになることも…。4月〜11月の沖縄は、繁忙期ではなくても人手が多い時期です。
旅行の計画を立てる際には、以下の点に注意してくださいね。

・海の日(7/20)以降は旅行料金は大きく値上がりする傾向なので、旅行料金を抑えたい方は要注意。
・フォトウェディングの予約は1.5カ月前ぐらいに決定する方が多いので、予約を入れたい日取りや時間帯を選びたいなら2カ月前がおすすめ。
・現在沖縄は常時レンタカー予約が取りにくい状況なので、レンタカー予約を視野に入れているなら早めの計画がおすすめ。
・空港到着から、レンタカーショップまでの移動時間、レンタカーのピックアップまできちんと計算してその後の計画を。どんなにスムーズにいっても、レンタカーをピックアップするまでに1.5時間ほどは見ておきましょう。
・沖縄の道路は市街地は非常に混雑します。また、道路の工事も多い地域です。渋滞に巻き込まれる事態も想定し、道路情報などは事前にチェックしておきましょう。
・不測の事態に備え、バスなど代替の交通手段も確認しておくと安心です。

沖縄のビーチ&チャペルで人気のフォトウェディングサロン「マリンビジュ―」とは

「マリンビジューチャペル」は、沖縄本島中部、名護市のかねひで喜瀬ビーチパレスホテル内にあるフォトウェディングサロンです。
名護は沖縄でも屈指の人気を誇るリゾート地帯。沖縄本島中心のため、周囲には観光地やアクティビティが充実しています。南部や北部へのアクセスも良好な立地で、観光も非常に行きやすい地域です。
また、マリンビジュ―のある「かねひで喜瀬ビーチパレスホテル」は高速インターチェンジからすぐと、車でのアクセスも良好です。

沖縄のビーチ&チャペルで人気のフォトウェディングサロン「マリンビジュ―」とは

こんなおしゃれな場所で撮影可能!『マリンビジュ―』のチャペルとは?

沖縄でも有数の天然サンゴ礁が広がる、美しい喜瀬ビーチを目の前にした純白の独立型チャペル・マリンビジュー。
“海の宝石”を意味する名前の通り、チャペル内では天井のシャンデリアと、参列席を飾るビューフラワーから揺らめくスワロフスキーのクリスタルが、燦然とした輝きを放ちます。 チャペルは海がよく見えるよう2階に設置されており、また防波壁もないという沖縄でも珍しい造りのため、扉を開ければ祭壇奥に広がる一面の窓から、圧巻のオーシャンビューを望むことができます。
白亜の大理石のバージンロードの両脇には24名が参列可能なソファーが設けられており、大切な人に参列してもらってのセレモニーも可能です。撮影後や挙式後のアフターセレモニーは、チャペル脇に設けられた大階段でオプションのフラワーシャワーなども楽しめます。

沖縄のビーチ&チャペルで人気のフォトウェディングサロン「マリンビジュ―」とは

チャペルの目前!『喜瀬ビーチ』とは?

喜瀬ビーチは白い砂浜と瑠璃色の優しい海が印象的な天然ビーチ。他のビーチと比べ、自然や環境が手付かずの状態で残されており、オーシャンビューのチャペルからその美しい風景を間近で臨むことができます。
また移動時間もほとんどなくビーチでのフォト撮影が楽しめる絶好のロケ―ションであり、マリンビジュ―が「短時間&格安料金で、一生の思い出になるチャペル撮影も沖縄らしいおしゃれなビーチ撮影も叶う」大きな理由になっています。

チャペルの目前!『喜瀬ビーチ』とは?

打ち合わせ、試着、撮影のすべてがスムーズな理由は?

打ち合わせを行うサロン、挙式を行うチャペル、ロケーション撮影を行うビーチ、会食を行う会場…とすべてがホテル内に揃っているため、打ち合わせから挙式までたった4時間とスムーズに進行するのです。移動にかかる時間がなく、フォトウェディング以外の時間を観光などにゆったりと使った旅行計画が立てられるでしょう。
また、移動がなく短時間なため、マタニティウェディングを計画されているおふたりにもおすすめです。 宿泊をご利用されるなら、オーシャンビューが楽しめる客室も多数あり、車椅子の方やご年配の方にも安心のバリアフリーまで整った「ユニバーサルツイン」の用意もあるなど、施設面の充実はホテルならでは。ご両親、お友達、お子さま連れなど、あらゆる場面を想定し安心してゲストや同行者の方を招待していただけます。

unnamed (1).jpg

マリンビジューのチャペルとは、どんなチャペル?

もともとリゾートウェディングのパイオニアであるワタベウェディングが「少人数でのアットホームな結婚式」を希望される方のために、工夫を凝らし専用に建てられた本格的なチャペルです。
2016年からフォトウェディングのプランを開始したのですが、オープン当初は結婚式のみ行っていたチャペルで、沖縄にふたれだけ、または家族旅行と兼ねてハネムーンに行かれる方が、費用を抑えつつも本格的な挙式が叶う会場なんです。
オープン当初から「この値段で結婚式できる!」とリゾ婚希望のカップルに驚きと喜びの反響が大きく、注目されました。
現在はフォトウェディングプランが注目される世の中の流れですが、マリンビジュ―は変わらず挙式プランも行っています。

撮影同行者は何人まで可能?

マリンビジュ―の挙式プランは幾つかのサイトからお申込み可能ですが、現在ご覧頂いているマリンビジュ―本サイト(https://photowedding.okinawa/plan/)からお申込みいただければ、ゲストが増えても追加料金なくゲスト参列が可能になっています。
チャペル内は最大24名まで着席対応できますが、コロナ禍は16名までとさせて頂いていました。現状に関してましては、サロンにお問い合わせください。
マリンビジュ―は家族旅行で大人気のホテル『喜瀬ビーチパレス』がすぐにあるので、宿泊先も安心です。
また、喜瀬周辺の名護市には、有名な人気ホテルやリーズナブルなホテルも多数ある、沖縄でも屈指のリゾート地帯なので、喜瀬ビーチパレス以外も会場近くのホテルはとても探しやすい環境です。

フォトウェディング撮影当日でも挙式プランに変更可能ってほんとう?

実は撮影当日でも、挙式プランへの変更は可能です。
最初はフォトウェディングだけでよかったけれど、やっぱり迷いがある方は、思い切って当日に挙式プランに変更される方も多いのです。
また、当日まで迷っていなかったけど、当日にサロン内で流れている挙式の映像と料金を見て「できるならやっぱりやりたい」と考え直す方が多いんです。
ゲストや同行者がいるフォトウェディングの場合は「やはり愛の誓いの場を大切な人たちに見守ってほしい」「大切な家族にサプライズしたい」と、計画を変更される方もいます。 ただ写真を撮るだけでなく、挙式をするのは家族にとても喜ばれます。
とてもいい思い出になるだけてなく、撮影だけと比べ時間の重みや、思い出に対しての重みか違ってくるのだな、と皆様を見守っていて感じています。

挙式挙式

関連記事

Contact
マリンビジューブライダルサロン

挙式挙式
Ceremony

Ceremony

フォトウェディングだけでなく、チャペルでの挙式を挙げたいと思うおふたりにはこちらのコンテンツがピッタリです。 沖縄の海と空を感じながら「人前式」の挙式をすることが可能です。大切な家族や友人を呼んで少人数での結婚式をするのもの良し、二人だけで愛を誓うのも良しと様々なシチュエーションに合わせて結婚式が行えます。おふたりの理想の結婚式を沖縄で探してみるのはいかがですか。

Salon &Access

電話する WEBでお問合せ
pagetop