PHONE098-901-5454

沖縄ウェディングの情報発信マガジン

沖縄でフォトウェディングの費用を安く抑えるためのポイントをフォトブラン費用・旅行費用別に徹底解説

沖縄でフォトウェディングの費用を安く抑えるためのポイントをフォトブラン費用・旅行費用別に徹底解説

結婚の思い出を、沖縄でのフォトウエディングで素敵に残したい。でも新婚は物入り。できるだけ費用や旅行費用を安く抑えられたら…そんなふたりに、沖縄のフォトウェディングの費用を抑え、安くする方法を徹底解説。フォトウェディング費用を抑えるポイントと、沖縄旅行の費用を安く抑えるポイントを両方しっかり解説します。

挙式挙式

沖縄でフォトウェディングの費用を安く抑えるポイントは?フォトプラン費用・沖縄旅行費用別に確認

沖縄でフォトウェディングをするためには、大きく分けてふたつの費用が必要です。「沖縄のサロンでフォト撮影をするフォトウェディングプランの費用」と「沖縄旅行(飛行機代・宿泊)の費用」です。
費用を安く抑えるためには、それぞれ安く抑えるためのポイントを理解しておく必要があります。

<フォトウェディングプラン費用を安く抑えるために>
・結婚式&フォトウェディングのオフシーズンを検討する
・平日撮影を検討する

<旅行費用を安く抑えるために>
・観光のオフシーズンを検討する
・平日滞在を検討する
・早割の効く時期の予約を検討する

『マリンビジュー』の現在開催中のキャンペーンを確認する

https://photowedding.okinawa/campaigns/31.html

沖縄でフォトウェディングの費用を安く抑えるためのポイントをフォトブラン費用・旅行費用別に徹底解説

沖縄フォトウェディングのフォトプラン費用自体を安く抑えるための秘訣は?

沖縄でのフォトウェディングの費用は、年間を通して基本そこまで変わらないでしょう。ただ、「撮影する時期」によっては、お得なキャンペーンを展開していたり、曜日によって料金が変動します。

結婚式&フォトウェディングのオフシーズンを検討する

沖縄県観光振興課が毎年調査している「沖縄リゾートウェディング(挙式割合:55.0% フォト割合:42.0%)」のハイシーズンとオフシーズンを見てみると、オフシーズンは1月2月がとくに目立ちます。
この時期は、普段は値引きなどは行わないフォトウェディングプランが値引きしたり、特典などがつくお得な期間であるケースが多いのです。
キャンペーンの告知は約2カ月ぐらい前から行われるケースが多いため、気になるフォトサロンのページを常にチェックしておきましょう。

ハイシーズン:10 月(2,951 組)、11 月(2,579 組)、7月(2,291 組)の順に多い。
オフシーズン:1月(304 組)、2月(514 組)、5月(1,097 組)の順に少ない。

出典:「令和4年・沖縄リゾートウエディング統計調査結果/沖縄県観光振興課」

平日撮影を検討する

ふたりだけや、家族だけの極少人数のフォトウェディングなら平日プランや直近申し込みも視野に入れましょう。
フォトウェディングのプランは土日祝日より平日の料金が低く設定されています。また、参列する人数が少ないほどゲストとの日程調整はしやすいので、平日撮影が可能であれば、大幅に費用を抑えられます。平日滞在であれば、結婚式料金だけでなく宿泊費も安く抑えられることがほとんどです。

沖縄でフォトウェディングの費用を安く抑えるためのポイントをフォトブラン費用・旅行費用別に徹底解説

沖縄フォトウェディングの大きなシェアを占める旅行費用…安く抑えるポイントは?

沖縄でのフォトウェディングの費用は、プラン代だけでなく、行き帰りの飛行機代、沖縄への滞在費も大きなシェアを占めています。
沖縄の航空費・滞在費の高い・安いは、時期やどの曜日に出発・滞在するかが大きな要因を占めています。
費用を抑えるなら、旅行費用が安い時期を知っておく必要があります。

沖縄観光のオフシーズンを避けた時期が旅行費用が「安い時期」

沖縄の平均気温は23℃と暖かく、4〜10月は海水浴が楽しめます。冬でも平均気温15℃を下回る日はほとんどないので、年間を通じてリゾートウェディングに最適な気候です。 ただ学生や社会人の夏休みと重なる7月半ば〜8月、「お正月」「春休み」「ゴールデンウィーク」「シルバーウィーク」といった大型連休期間と連休前後は、一時的に料金が高くなります。ゲストに旅費を負担してもらう方針なら、連休時期は特に避けたほうがいいでしょう。
また、8月下旬〜9月上旬にかけて台風上陸数は多く、1ヵ月の大半が台風の影響を受けやすい状況なので、その時期は比較的旅行費用が安い時期となります。

沖縄で旅行費用がもっとも安い時期

1年間を通して沖縄旅行が安い時期は1月中〜下旬。1月の連休明け(成人の日)から1月末までは、観光客が一番少なく、落ち着いて観光が楽しめる時期です。
3月の春休みシーズンが始まるので飛行機もホテルも料金があがっていきます。

その他の沖縄旅行費用が安い時期

じつは11月から1月もそれほど大きな料金差は無く、やすい時期です。11月の沖縄は気候的に過ごしやすく、12月は本格的なクリスマスイルミネーションが楽しめます。 1月から沖縄では桜が楽しめ、見どころも多いのです。

早割の効く時期の予約を検討する

早割制度とは搭乗日を起点として、〇日前までに予約をする条件で割引が適用される制度です。航空会社によって、75日前、55日前、45日前などさまざまな早割プランがあり、あらかじめ計画している旅行の場合、事前に早めに航空券を購入して各航空会社の「早割」制度を利用でき、通常よりも割引率が高い格安の航空券を購入できます。
早割は高い割引率。航空会社や時期によっては、60〜85%の割引になる場合も。

ふたりだけ、家族旅行を兼ねてなら平日プランの検討を

飛行機・宿泊費用は土日祝日より平日の料金が低く設定されています。ふたりだけや家族だけなら日程調整はしやすいので、平日に休暇をとるのが可能であれば、大幅に費用を抑えられます。

沖縄でフォトウェディングの費用を安く抑えるためのポイントをフォトブラン費用・旅行費用別に徹底解説

沖縄のフォトウェディングを安く抑えるのに最適な時期・タイミングは?

上記の情報をもとに考えると、沖縄フォトウェディングのプラン費用・旅行費用ともに、安く抑えるのに最適な時期は、1〜2月がおすすめです。
1月は正月休みを避ければ旅行費用がもっとも安い時期。
また、意外にも、沖縄の冬で天気や気候がいいのは2月です。気温は夏に比べれば下がりますが、寒さは和らぎつつあり、東京の春先の気温です。
予約数的には非常に少なく、撮影の際に海に入っている人がいないのでプライベートビーチ感をたっぷり堪能しながらウェディングを楽しんだり、フォト撮影を満喫できます。
2月は北風が落ち着いてきて、空気も澄んでいるので美しい風景で撮影できます。
2月は沖縄はすでに花の時期で、本土より一足早く桜が満開になり、中旬以降「さくら祭り」や「おきなわマラソン」など沖縄の大々的なイベントがにぎわう時期です。
水浴は難しいですが、キャンプやトレッキングに適した時期です。は旅行も考えるならおすすめです。

沖縄のビーチ&チャペルで人気のフォトウェディングサロン「マリンビジュ―」とは

こんなおしゃれな場所で撮影可能!『マリンビジュ―』のチャペルとは?

沖縄でも有数の天然サンゴ礁が広がる、美しい喜瀬ビーチを目の前にした純白の独立型チャペル・マリンビジュー。
“海の宝石”を意味する名前の通り、チャペル内では天井のシャンデリアと、参列席を飾るビューフラワーから揺らめくスワロフスキーのクリスタルが、燦然とした輝きを放ちます。 チャペルは海がよく見えるよう2階に設置されており、また防波壁もないという沖縄でも珍しい造りのため、扉を開ければ祭壇奥に広がる一面の窓から、圧巻のオーシャンビューを望むことができます。
白亜の大理石のバージンロードの両脇には24名が参列可能なソファーが設けられており、大切な人に参列してもらってのセレモニーも可能です。撮影後や挙式後のアフターセレモニーは、チャペル内でオプションのフラワーシャワーなども楽しめます。

沖縄のビーチ&チャペルで人気のフォトウェディングサロン「マリンビジュ―」とは

チャペルの目前!『喜瀬ビーチ』とは?

喜瀬ビーチは白い砂浜と瑠璃色の優しい海が印象的な天然ビーチ。他のビーチと比べ、自然や環境が手付かずの状態で残されており、オーシャンビューのチャペルからその美しい風景を間近で臨むことができます。
また移動時間もほとんどなくビーチでのフォト撮影が楽しめる絶好のロケ―ションであり、マリンビジュ―が「短時間&格安料金で、一生の思い出になるチャペル撮影も沖縄らしいおしゃれなビーチ撮影も叶う」大きな理由になっています。

チャペルの目前!『喜瀬ビーチ』とは?

打ち合わせ、試着、撮影のすべてがスムーズな理由は?

打ち合わせを行うサロン、挙式を行うチャペル、ロケーション撮影を行うビーチ、会食を行う会場…とすべてがホテル内に揃っているため、打ち合わせから挙式までたった4時間とスムーズに進行するのです。移動にかかる時間がなく、フォトウェディング以外の時間を観光などにゆったりと使った旅行計画が立てられるでしょう。
また、移動がなく短時間なため、マタニティウェディングを計画されているおふたりにもおすすめです。 宿泊をご利用されるなら、オーシャンビューが楽しめる客室も多数あり、車椅子の方やご年配の方にも安心のバリアフリーまで整った「ユニバーサルツイン」の用意もあるなど、施設面の充実はホテルならでは。ご両親、お友達、お子さま連れなど、あらゆる場面を想定し安心してゲストや同行者の方を招待していただけます。

unnamed (1).jpg

マリンビジューのチャペルとは、どんなチャペル?

もともとリゾートウェディングのパイオニアであるワタベウェディングが「少人数でのアットホームな結婚式」を希望される方のために、工夫を凝らし専用に建てられた本格的なチャペルです。
2016年からフォトウェディングのプランを開始したのですが、オープン当初は結婚式のみ行っていたチャペルで、沖縄にふたれだけ、または家族旅行と兼ねてハネムーンに行かれる方が、費用を抑えつつも本格的な挙式が叶う会場なんです。
オープン当初から「この値段で結婚式できる!」とリゾ婚希望のカップルに驚きと喜びの反響が大きく、注目されました。
現在はフォトウェディングプランが注目される世の中の流れですが、マリンビジュ―は変わらず挙式プランも行っています。

撮影同行者は何人まで可能?

チャペル内は最大24名まで着席対応できますが、コロナ禍は16名までとさせて頂いていました。現状に関してましては、サロンにお問い合わせください。
マリンビジュ―は家族旅行で大人気のホテル『喜瀬ビーチパレス』がすぐにあるので、宿泊先も安心です。
また、喜瀬周辺の名護市には、有名な人気ホテルやリーズナブルなホテルも多数ある、沖縄でも屈指のリゾート地帯なので、喜瀬ビーチパレス以外も会場近くのホテルはとても探しやすい環境です。

フォトウェディング撮影当日でも挙式プランに変更可能ってほんとう?

実は撮影当日でも、挙式プランへの変更は可能です。
最初はフォトウェディングだけでよかったけれど、やっぱり迷いがある方は、思い切って当日に挙式プランに変更される方も多いのです。
また、当日まで迷っていなかったけど、当日にサロン内で流れている挙式の映像と料金を見て「できるならやっぱりやりたい」と考え直す方が多いんです。
ゲストや同行者がいるフォトウェディングの場合は「やはり愛の誓いの場を大切な人たちに見守ってほしい」「大切な家族にサプライズしたい」と、計画を変更される方もいます。 ただ写真を撮るだけでなく、挙式をするのは家族にとても喜ばれます。
とてもいい思い出になるだけてなく、撮影だけと比べ時間の重みや、思い出に対しての重みか違ってくるのだな、と皆様を見守っていて感じています。

挙式挙式

関連記事

Contact
マリンビジューブライダルサロン

挙式挙式
Ceremony

Ceremony

フォトウェディングだけでなく、チャペルでの挙式を挙げたいと思うおふたりにはこちらのコンテンツがピッタリです。 沖縄の海と空を感じながら「人前式」の挙式をすることが可能です。大切な家族や友人を呼んで少人数での結婚式をするのもの良し、二人だけで愛を誓うのも良しと様々なシチュエーションに合わせて結婚式が行えます。おふたりの理想の結婚式を沖縄で探してみるのはいかがですか。

Salon &Access

電話する WEBでお問合せ
pagetop