PHONE098-901-5454

沖縄ウェディングの情報発信マガジン

フォトウェディングや前撮りの前日準備に確認したい持ち物リスト。準備するものによっては準備期間が必要!

フォトウェディングや前撮りの前日準備に確認したい持ち物リスト。準備するものによっては準備期間が必要!

フォトウェデングや前撮りの準備で、当日持っていく必要がある持ち物、事前に準備しておいたほうがいいものを詳しくまとめました。基本的には撮影に必要なものはほぼスタジオで貸してもらえるため、衣裳用下着以外は完全手ぶら、という人も少なくはありませんが、撮影をより自分たちらしくとことん楽しむために、必要なものをチェックしておきましょう。

フォトウェディングフォトウェディング

フォトウェディングや前撮りで持ち物を準備する際の注意点

フォトウェディングや前撮りで持ち物を準備する際の注意点

フォトウェディングや前撮りに必要な準備物は、新郎新婦が衣裳の下に着用し直接肌に身に着ける肌着や靴下以外は、基本的にはほとんどありません。

ほとんどのものは撮影業者でレンタル可能

撮影のために必要なもののほとんどは、撮影を申し込むスタジオや撮影業者で貸し出ししてくれます。貸し出してくれる物の料金は「プラン料金」と呼ばれる撮影・衣裳小物レンタル・ヘアメイクを含んだセット料金に含まれています。
ただし、衣裳の質によってグレードを設けている業者が多く、プラン料金内で貸し出しが設定されている衣裳以外のグレードが高い衣裳から選びたい場合には、料金が加算されることもあります。また、小物もほぼ無料であることが多いのですが、かつらなどメンテナンスが必要な和装小物は一部有料の場合もあります。
撮影小物でどのようなものが借りられるのかは、撮影希望シーンやポーズがある場合は事前に確認しておくと良いでしょう。

【通常撮影スタジオで貸し出し可能なもの】
・新郎新婦の衣裳
・アクセサリー類
・ブーケ、ベール
・靴、履物
・撮影用小物

購入や手作り期間が必要なものは余裕をもって準備を

新郎新婦が準備するものは主にドレスや和装の下に着る肌着類や靴下になります。下着類はスタジオによっては販売で取り扱いしている場合もあり、購入を事前にお願いしておけばスタジオ側で準備してくれていて、当日持ち込まなくてもいい場合もあります。 その他にも「撮影にあったらより撮影が楽しめるもの」などは、自分たちでアイデアを工夫して持ち込むことになります。
撮影用小物は手作りする人も多いため、制作期間がかかるものは早めに準備にとりかかるといいでしょう。
撮影用小物などは多くの場合は持ち込みが可能ですが、メンテナンスが必要なものは有料である場合や、衣裳の持ち込みは有料、または持ち込み不可の場合もあるため、持ち込みを考えている場合は事前に深刻し、対応について確認をとることをおすすめします。

フォトウェディングや前撮りの前日準備、必要な持ち物は?

フォトウェディングや前撮りの前日準備

フォトウェディングや前撮りに、自分たちで準備して持っていく必要な持ち物をまとめました。和装の肌襦袢などは和服店や衣裳レンタル店で購入できます。また、最近では通販でも取り寄せ購入が可能です。

女性が必要な衣裳用下着

和装の場合

・補正用タオルまたはてぬぐい
・肌襦袢
・裾よけ(腰巻)
・和装用ストッキング(静電気防止にも)
・白足袋

洋装の場合

・ブライダルインナー(ドレス用の下着)
・ストッキング(靴下タイプ)

男性が必要な衣裳用下着

和装の場合

・UネックまたはVネックの肌着
・ステテコ
・白足袋

洋装の場合

・UネックまたはVネックの肌着
・靴下

家族の衣裳

家族や子どもも一緒に撮影を計画している場合、衣裳は基本持ち込みが可能です。撮影スタジオや業者でレンタルがか可能な場合もあるため、事前に確認しておきましょう。 家族の衣裳レンタルは追加料金が発生し、通常は5000円ないし1万円程度~です。

撮影用の持ち込み小物

フォトウェディングは、慌ただしい撮影となる結婚式とは違い、二人のポーズや表情を作りこんで、じっくり時間をかけて撮影することができるます。 そこで、いま注目を集めているのがフォト撮影に素敵なエッセンスと工夫を加える撮影小物やアイテム。撮影したいイメージをさらに深めたり、結婚式や結婚式が終わった後の報告用など用途に合わせての演出も可能なため、持ち込む人が急増中です。
婚約指輪や結婚指輪は、購入しても納品までに通常1カ月程度かかることがほとんどです。撮影に使いたいと考えている場合は、早めに準備しないと間に合わないケースもあるので注意してください。

・結婚指輪、婚約指輪
・靴(ウェディングシューズやお揃いスニーカーなど)
・ヘアアクセサリー(手作りのヘッドアクセサリーやベールなど)
・撮影用に用意した手作り小物
・いつも使用している化粧品(メイクにこだわりがある場合)

関連記事:フォトウェディングや前撮りでおすすめの小物。手作りしたい小物からレンタルできるものまで厳選20アイテムを紹介

ロケーション撮影時の寒さ暑さ対策グッズ

ロケーション撮影は屋外での撮影になり、何でもすぐにそろっているスタジオ撮影と違って、不測の事態に対応できない場合があります。撮影時間は30分~1時間程度ですが、状況では長引くことも。心配な方は、次のようなものを用意しておくと良いでしょう。

・一口大の軽食
・酔い止め(車移動の場合)
・手鏡(撮影中や屋外でのヘアメイクチェックに)
・現金(万が一のために少額を用意)
・夏 日傘、日焼け止め
・冬 羽織もの、ホッカイロ

ヘアメイク指示書、ポーズ指示書など

フォトウェディングや前撮りでは、基本的には結婚式準備に比べ打合せ回数が少なく、撮影時間も1時間程度と限られています。そこで、短い時間で依頼先の担当者にしっかり希望イメージを伝えることが大切になり、明確なイメージや希望がある場合にはイメージ画像などを集めた「指示書」を作成する人が増えています。
準備期間を利用して、自分たちがどのようなフォトウェディングを行いたいか、さまざまな情報収集を行いましょう。
指示書と言っても、仕事のようにすべて紙面にする必要はなく、携帯やタブレットに画像を集めて打ち合わせの際に見せたり、メールで送ったり、雑誌の切り抜きをスクラップにするなど作り方・見せ方は本当にさまざまです。

カメラ

自分たちでも自前の撮影したい、同行する家族に撮影してもらいたい場合は、持ち込み可能かどうか確認の上、カメラの持ち込みができれば持ち込んで自前のカメラで撮ってもらうことも可能です。スタジオや業者によっては持ち込み料金がかかる場合もあります。また、繁忙期で撮影スケジュールが詰まっている時は、自分たちでの撮影時間をとるのは難しいこともあります。

フォトウェディングや前撮りの持ち物は自分たちの必要と思うものを

撮影に必要なものは、基本的にはほぼスタジオで貸し出ししてくれるため、ほぼ手ぶらでも問題はありません。自分たちがどのように撮影を楽しみたいかを考え、自分たちに必要な持ち物を準備してくださいね。

挙式挙式

関連記事

Contact
マリンビジューブライダルサロン

098-901-5454

10:00~17:00/定休日:日曜日

挙式挙式
Ceremony

Ceremony

フォトウェディングだけでなく、チャペルでの挙式を挙げたいと思うおふたりにはこちらのコンテンツがピッタリです。 沖縄の海と空を感じながら「人前式」の挙式をすることが可能です。大切な家族や友人を呼んで少人数での結婚式をするのもの良し、二人だけで愛を誓うのも良しと様々なシチュエーションに合わせて結婚式が行えます。おふたりの理想の結婚式を沖縄で探してみるのはいかがですか。

Salon &Access

電話する WEBでお問合せ
pagetop