PHONE098-901-5454

沖縄ウェディングの情報発信マガジン

沖縄で憧れのリゾートウェディング!ご祝儀と旅費負担のの疑問をばっちり解決*結婚式準備をスマートに進めよう

沖縄で憧れのリゾートウェディング!ご祝儀と旅費負担のの疑問をばっちり解決*結婚式準備をスマートに進めよう

アクセスのよい国内リゾート、なかでも沖縄でのウェディングが人気です。 美しいロケーションでの結婚式は夢が膨らみますが、その前に現実的なお金の話も大切です。 特に、ご祝儀とゲストの旅費負担の問題はリゾートウェディングならでは。 ゲストに気持ちよく参列してもらうためにも、ぬかりなく準備したいポイントをご紹介します。

フォトウェディングフォトウェディング

沖縄の一般的な結婚式のご祝儀相場

結婚式のご祝儀は通常3万円が相場といわれますが、地域によっては異なるルールが存在している場合があります。

沖縄のご祝儀事情をご紹介します。

ご祝儀は一律1万円

沖縄県で沖縄在住の人が結婚式を挙げる場合、ご祝儀の相場は1万円とされています。

しかも友人や職場の同僚だけでなく、上司であってもほとんどの場合1万円で問題ありません。

本土の感覚からすると恐縮してしまいますよね。

沖縄の地元ウェディングに招待されているけど不安、という場合は思い切って新郎新婦に確認してみるのもよいでしょう。

ご祝儀1万円の理由

ご祝儀が一律1万円なのにはちゃんと理由があります。

まず、沖縄県の結婚式は大皿料理がスタンダード。そのため一皿ずつのコース料理よりコストは低めです。

さらに、招待客は200~300人とかなり大規模になります。招待客が多いということは、結婚式に招待される機会も多いということです。

1カ月で複数回招待されるということもあるため、そのたびに3万円のご祝儀を出していると懐はかなり厳しいものがあります。

そんな事情から、沖縄の地元ウェディングでは一律1万円のご祝儀が定着しているのだと思われます。

沖縄リゾートウェディングのご祝儀相場

沖縄県外からリゾートウェディングとして結婚式をおこなう場合は、新郎新婦の地元と同じ相場で問題ありません。

しかし、地元ウェディングと違って沖縄リゾートウェディングの場合、旅費を新郎新婦とゲストのどちらが負担するのかによって金額が変わってきます。

それぞれのケースでどのように対応するべきがご紹介します。

旅費を新郎新婦が全額負担する場合

せっかく遠方まで来てくれるのですから、予算が許せば交通費や宿泊費などの旅費は全て負担できたら嬉しいですよね。

その場合はゲストも友人なら3万円、親族なら5~10万円と、相場通りのご祝儀を用意してくれることがほとんどです。

ゲストによっては旅費を一部お返しするような形で多めに包んでくれる場合もあるかもしれません。

旅費を新郎新婦が一部負担する場合

新郎新婦でゲスト全員分の旅費を全額負担するのはなかなか難しいものです。

そこで多いのが旅費の一部を負担するケース。

負担する基準は交通費か宿泊費のどちらかだったり、実費の1/2だったりとカップルによりさまざまです。

この場合も、ゲストは相場通りのご祝儀を用意するのがスタンダードとなっています。

旅費をゲストが全額負担する場合

交通費、宿泊費、さらにご祝儀もとなるとゲストにはかなりの負担になってしまいます。

新郎新婦がゲストの旅費を一切負担しない場合は、ご祝儀の受け取りを辞退することがマナーとされています。

その場合は招待状に「ご祝儀は辞退させていただきます」など、一筆入れてゲストにはっきり伝えるようにしましょう。

結婚式の準備をスマートに進めるポイント

リゾートウェディングを挙げる場合、ご祝儀と旅費負担は切っても切り離せない悩みポイントです。

しかし、事前にしっかりリサーチしておけば大変な準備もスムーズに進められます。

ここでは、事前に知っておきたい旅費負担のポイントをご紹介します。

旅費負担の割合をどうやって決める?

ゼクシィの調査によると、国内リゾートウェディングでの旅費負担について

  • 全額負担 29.7%
  • 一部負担 56.6%
  • 一切負担なし 13.7%

引用:【リゾート婚ゲストのお金】お車代、みんなどうしてる?

というアンケート結果がでており、8割以上の先輩カップルが何らかの形でゲストの旅費を負担していることがわかります。

どのくらい負担するかは悩むポイントではありますが、正解はありません。

2人の予算に合わせて可能な範囲で負担するようにしましょう。

旅費を負担しない代わりに新郎新婦もちでアフターパーティーをした先輩カップルもいます。

「来てくれてありがとう」という感謝の気持ちが伝わるおもてなしができると素敵ですね。

親族の旅費負担は事前に確認を

親族間で冠婚葬祭のお金のやりとりについて、決まりがある場合があります。

そのため、親族を招待する場合には決まりがないか事前に確認するようにしましょう。

決まりがある場合は地元での結婚式を想定している事も多いはずです。

沖縄リゾートウェディングなら、その決まりを踏まえたうえで実際にどうするのか相談するとトラブルを防ぐことができます。

旅費負担についての連絡は早めに

旅費の負担をどうするかは、早めに決めて早めに連絡するようにしましょう。

式の出席を打診するときと、招待状に一筆記入しておくのが伝えるタイミングです。

お金のことはゲストからは聞きづらいので、早いうちに伝えることでゲストにとっても安心です。

ご祝儀を辞退したにもかかわらず頂いてしまった場合

旅費の負担をゲストにお願いし、辞退したにもかかわらずご祝儀を用意してくれるゲストもいます。

お祝いの気持ちなのでご祝儀は受け取り、あとで「内祝い」という形でお返しを渡すようにしましょう。

おもてなしの心で素敵な沖縄ウェディングを

沖縄でリゾートウェディングを挙げる際のご祝儀と旅費負担についてご紹介しました。

新郎新婦がどこまで旅費負担するかは予算によるところが大きいので、2人でしっかり話し合って決めましょう。

旅費負担はあくまでゲストへのおもてなしのひとつです。

あまり負担できない場合でも、感謝の気持ちが伝わるおもてなしができればゲストにとっても思い出に残る素敵な結婚式になるでしょう。

挙式挙式

関連記事

Contact
マリンビジューブライダルサロン

098-901-5454

10:00~17:00/定休日:日曜日

挙式挙式
Ceremony

Ceremony

フォトウェディングだけでなく、チャペルでの挙式を挙げたいと思うおふたりにはこちらのコンテンツがピッタリです。 沖縄の海と空を感じながら「人前式」の挙式をすることが可能です。大切な家族や友人を呼んで少人数での結婚式をするのもの良し、二人だけで愛を誓うのも良しと様々なシチュエーションに合わせて結婚式が行えます。おふたりの理想の結婚式を沖縄で探してみるのはいかがですか。

Salon &Access

電話する WEBでお問合せ
pagetop