PHONE098-901-5454

沖縄ウェディングの情報発信マガジン

沖縄での結婚式やリゾートウェディングの招待ゲストの旅費事情。平均相場や負担費用は?お車代の考え方やマナーについて

沖縄での結婚式やリゾートウェディングの招待ゲストの旅費事情。平均相場や負担費用は?お車代の考え方やマナーについて

沖縄での結婚式やリゾートウェディングの招待ゲストの旅費は、どのぐらいかかるか平均相場をご存知でしょうか。結婚式では会場から遠方に住む人をゲストとして招待する場合、その人に感謝の気持ちから旅費を負担する「お車代」を出す、という考え方が一般的です。沖縄在住の人が離島や本州に住む人を招待したい場合や、沖縄でのリゾートウェディングに家族や友人を招待したい場合、ゲストの旅費はいくらぐらいかかるのか、またお車代としてどの程度負担したらいいのか、相場や考え方について知っておきましょう。

フォトウェディングフォトウェディング

沖縄県に旅行する場合の一般的な平均費用はいくらかかる?

沖縄県に旅行する場合の一般的な平均費用はいくらかかる

沖縄県は日本とは思えない温暖な気候と、美しい海や豊かな自然と文化を残す、屈指のリゾート地です。本州からの旅行の場合、多くの人は飛行機を利用して沖縄を訪れます。

沖縄への平均旅行費用 96528円
平均滞在日数 2.8泊
(1人あたりの平均費用、交通費、宿泊費、飲食代、土産代含む)

データ出典:「(公財)日本交通公社_旅行年報2020」

沖縄県在住の人が沖縄本島以外に住む人をゲスト招待する場合の旅費負担とお車代相場

沖縄県在住の人が沖縄本島以外に住む人をゲスト招待する場合、お車代として旅費を全額、または一部負担する考え方が主流です。
沖縄本島ではなく、離島から結婚式に参加する人に対しては、1万円~3万円程度を。また、沖縄県以外の本州などの地域から参加する人に対しては、3万円~5万円程度を負担することが多いようです。

沖縄県の結婚式でのお車代の負担方法

お車代の負担方法として次のような方法があります。

・飛行機代のみを負担する
・宿泊費を負担する
・距離に合わせて半額程度負担する
・距離に関わらず、一律の金額で負担する
・お車代が出ない代わりにご祝儀を辞退する

沖縄県外、遠方からゲストを招待する際のお車代の伝え方

お車代の考え方に関しては新郎新婦の考え方によるところが大きく、場合によってはお車代が二人の経済状況を圧迫してしまうことも考えられます。
お車代は遠方から足を運んでくれるゲストに対しての感謝の気持ちですが、中にはお車代は出すのがマナーといった考え方を持っているも多いため、招待を打診する際に「お車代について」をまず説明した上で、このような状況で参列してくれるかどうかを確認してから、改めて招待することが大切です。

沖縄県でのリゾートウェディングにゲストを招待する場合の旅費やお車代の負担の考え方

沖縄県でのリゾートウェディングにゲストを招待する場合の旅費やお車代の負担の考え方

沖縄県でリゾートウェディングに参加する人の旅行費用を、毎年沖縄県では調査しています。旅費の平均額と平均滞在日数は次の通りでした。

一人当たりの観光消費額 78,316 円(H30 年度観光統計実態調査)
平均滞在日数 新郎新婦3.2日 / 参列者2.4日
平均参列者 19.2名

データ出典:「令和1年沖縄リゾートウエディング統計調査結果(年間)」

国内リゾートウェディングを行った先輩カップルに聞くと、次の3つの考え方が主流のようです。

・旅費、宿泊費の一部を負担する
・旅費、宿泊費ともに全額負担する
・旅費、宿泊費を一切負担せず、ご祝儀を辞退する

旅費、宿泊費の一部を負担する

旅費や宿泊費の一部を負担する方法として、次のような考え方があります。

旅費と宿泊費の総額の一部を負担する

旅費と宿泊費の総額のうち、1~数万円をゲストの距離や航空費に応じて一律負担する方法です。東京から来るゲストであれば2万、東北から来るゲストであれば3万など、遠さに応じて負担額を決めます。

旅費または宿泊費のどちらかを負担、手配する

宿泊費または旅費のどちらか一方を全額負担する方法です。宿泊はまとめて手配すると割引が利く場合もあり、宿泊費を持つカップルも多いようです。

旅費、宿泊費を全額負担する

招待ゲストが両家の親族のみなど人数が少ない場合には、感謝の気持ちを旅に込めて、親孝行や家族旅行として旅費を全額プレゼントする人が多く、旅費、宿泊費をすべて新郎新婦が負担するカップルも多いようです。全額負担の場合でも沖縄であれば、十数名ほどの場合一般的な国内で挙式と披露宴を行うよりも安く済むことがほとんどです。

旅費、宿泊費を一切負担せず、ご祝儀を辞退する

ゲストの人数が20名を超えるようであれば、旅費交通費を負担しないという考え方もあります。また、友人を招待する場合は旅費も宿泊費も負担しない方法での招待が多いようです。ただし、この場合は、お車代を負担しない代わりに、ゲストからのお祝いであるご祝儀を辞退するのがマナーです。
また、今回はお車代は出さない代わりにご祝儀は辞退するという形式の結婚式だが、それでも参列してくれるかどうかを、招待する際にまず打診してゲストの意思を確認し、OKであれば改めて招待状を出すような配慮が必要です。

沖縄での結婚式に沖縄県以外から招待する場合は旅費を負担するかは招待前に説明を

沖縄県での結婚式は、地元での結婚式でもリゾートウェディングでも、県外からの遠方からゲストに来てもらう場合には、招待前にお車代をどうするのかをしっかり決めておき、それを説明した上で、来てくれるかどうかを確認し、それから招待状を出す必要があります。
沖縄での楽しい観光時間を過ごしてもらえる気分で参加してもらえるように、お車代が負担できるかどうかを明確にしておきましょう。

挙式挙式

関連記事

Contact
マリンビジューブライダルサロン

098-901-5454

10:00~17:00/定休日:日曜日

挙式挙式
Ceremony

Ceremony

フォトウェディングだけでなく、チャペルでの挙式を挙げたいと思うおふたりにはこちらのコンテンツがピッタリです。 沖縄の海と空を感じながら「人前式」の挙式をすることが可能です。大切な家族や友人を呼んで少人数での結婚式をするのもの良し、二人だけで愛を誓うのも良しと様々なシチュエーションに合わせて結婚式が行えます。おふたりの理想の結婚式を沖縄で探してみるのはいかがですか。

Salon &Access

電話する WEBでお問合せ
pagetop