PHONE098-901-5454

沖縄ウェディングの情報発信マガジン

前撮りやフォトウェディングでおすすめ小物は?小物を使った撮影をするための注意点は?手作りできる小物、スタジオ、ロケーション、ビーチ、チャペル別におすすめ小物を紹介

前撮りやフォトウェディングでおすすめ小物は?小物を使った撮影をするための注意点は?手作りできる小物、スタジオ、ロケーション、ビーチ、チャペル別におすすめ小物を紹介

今やフォトウェディングや前撮りでは欠かせない撮影用の小物。小物を使ったフォトウェディングや前撮りを計画する際に準備しておきたいことや、注意したい基本的なこと、また、100均ショップで購入できる材料で作れる撮影小物や、小物撮影が映える和装、洋装、チャペル、ビーチでおすすめの撮影小物もまとめました。

フォトウェディングフォトウェディング

前撮りやフォトウェディングでは小物を使って撮影するアイデアが大人気!

前撮りやフォトウェディングでおすすめ手作りできる小物、スタジオ、ロケーション、ビーチ、チャペル別おすすめ小物

前撮りやフォトウェディングで撮影用小物を使って撮影するメリットは、慌ただしい撮影となる式当日とは違い、二人のポーズや表情を作りこんで、じっくり時間をかけて撮影することができるため、ロケーションやスタジオ、衣裳、二人がもつ結婚へのイメージを小物を使って演出することが可能です。 前撮りやフォトウェディングは、今や結婚に欠かせない大切なイベントのひとつ。結婚の思いと色褪せない2人だけの思い出作りに、撮影小物は特別な役割を演じてくれるでしょう。

小物を持ち込む前に確認&準備すること

持ち込みOKかスタジオ側に確認

自分で手作りしたり事前に買い求めた小物は、ほとんどの業者やフォトスタジオでは持ち込みが可能ですが、場合やものによってはNGであることも。打合せなどで事前にどのような小物を持ち込みたいか伝え、持ち込みしても大丈夫か確認をとっておきましょう。 あまりにも大きすぎるものや、破損の恐れがあるものは断られる場合もあります。

スタジオでレンタルできる小物があるか確認

小物を用意するのがめんどう、別に小物はいらない…と思っている方も多いでしょう。ほとんどの業者やスタジオでは、定番の撮影小物の用意はほとんどあります。ガーランドやオブジェ、カチンコといったものは、無料でレンタルできることがほとんどです。 事前にスタジオ側に、どんな小物やアイテムの用意があるかを確認し、それで十分と思うようであれば、特に自分で持ち込んだり手作りする事前の用意はいりません。

希望を伝えれば有料で用意してくれる場合もある

バイクやオープンカーを使った撮影をしたい、海でボートを使った撮影をしたい…など、撮影イメージはあるものの、自分で用意するのが難しい演出アイテムや小物があれば、事前打ち合わせやメール、オンライン等で相談してみるのもおすすめです。有料で撮影料金に加算されますが、レンタルなど撮影小物の貸し出し業者から取り寄せてくれる場合もあります。

小物に合わせたいポーズやイメージを集めておく

フォトウェディングや前撮りを行う際に、カメラマンへの指示書を作るひとも多くなっています。撮りたいショットをイメージして、SNSなどでポーズやロケーションの画像を集めておきます。また、ポーズに必要な小物を何種類も準備して持ち込むカップルが増えています。持ち込んだことを忘れてしまったりで使用しないままになってしまうことも。せっかく持ち込んだ小物をまんべんなく使用できるよう、リスト化して一目で見やすいようにすると、順番で進行に組み込みやすくなります。

フォトウェディングや前撮りで小物を持ち込む際の注意点

小物の持ち込み過ぎに注意

SNSなどを見ていると、魅力的な撮影小物を使ったフォトウェディングや前撮りの画像に目移りして、ついついたくさんの小物を用意したくなりますが、実際の撮影時間は通常30分~1時間程度と決して長い時間ではなく、多くの撮影小物を持ち込んでもすべて使用できない可能性もあります。また、沖縄やハワイなどリゾート地で行うフォトウェディングの場合、トランクに積み込める分量には重さなどに限りがあり、注意が必要です。 本当に撮影してほしい、と思う小物のみに絞って準備をしましょう。

カメラマンへの指示しすぎに注意を

あまりに撮ってほしいシーンを詰め込みすぎると、カメラマンが指示を追うだけの撮影になり、臨場感のあるシーンやゲストのいい表情など見逃してしまうことも多いようです。ある程度は自由に撮影して、どうしても入れてほしいシーン・ショットのみを厳選して伝えましょう。

100均にある材料で手作りできる前撮り&フォトウェディング小物

扇子プロップス

和装での前撮りやフォトウェディングで大人気なのが「扇子プロップス」。和テイストの扇子に造花やドライフラワー、リボンなどでデコレーションして華やかに飾ってプロップスに仕上げます。和洋ミックスにしたり「妻」「夫」の文字を貼り付けたり…と、作り手の個性とセンスが活かされる小物です。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ワタベウェディング名古屋フォトスタジオ(@watabewedding.nagoya_studio)がシェアした投稿 -

赤い糸

赤い紐に針金を通して簡単にdiyできる赤い糸。針金が入っているため、自由自在に「♡」などの形や文字を形作ることができますよ。二人の関係性をあらわすオリジナルの赤い糸を手作りしてみましょう。和装、特に白無垢に映えるのは「寿」の赤い糸。アイデア次第でさまざまな文字が作れそうですね。ウェディングドレスやカラードレスなどの洋装には「LOVE」の赤い糸がしっくりきますね。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ワタベウェディング株式会社 東京・芝公園フォトスタジオ(@watabewedding.shibakoen_studio)がシェアした投稿 -

糸電話

子どもの頃に作った懐かしい糸電話にを、さらに一工夫。赤い糸でつながった糸電話をもち、お互いに「もしもし?」というポーズをとって可愛らしい撮影をしたり、糸でつながった部分をガーランドにするアイデアも。材料は紙コップと毛糸+αのみ。簡単に手作りできる撮影用小物です。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ワタベウェディング名古屋フォトスタジオ(@watabewedding.nagoya_studio)がシェアした投稿 -

ガーランド

今や前撮りやフォトウェディングの定番小物として定着しているガーランド。定番の「Happy Wedding」や「JUST MARRIED(結婚しました)」、前撮りならウェルカムボード用に「WELCOME」、結婚報告の年賀状用に「謹賀新年」などの文字を貼り付け、和装や洋装のテイストに合わせてデコレーションします。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ワタベウェディング 京都和婚(@watabewedding.kyotowakon)がシェアした投稿 -

和装撮影の白無垢や色打掛に合わせたい前撮り&フォトウェディング小物

厳選した和を演出するアイテムで、和装撮影の趣をより深くする小物を紹介します。

お面

洋装で人気なのがお面や被り物。特に動物のお面や被り物は人気で、干支や好きな動物などのものを用意して、フォト撮影を楽しく工夫することができますよ。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Watabe Creative Studio(@creativestudio_okinawa)がシェアした投稿 -

番傘、日傘

和装前撮りでは定番になりつつある番傘ショット。そのほかにもクラシカルな日傘を持ち込むなどして、和装と合わせ雰囲気のあるフォト撮影が楽しめます。番傘はスタジオで用意してくれていることが多いため、問い合わせてみましょう。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ワタベウェディング 京都和婚(@watabewedding.kyotowakon)がシェアした投稿 -

習字

和装前撮りで最近大人気の習字ショット。自分たちの名前や結婚の豊富、大切な人たちへの感謝の言葉をしたためて撮影に使用します。年賀状での結婚報告のはがきにも使いやすいデザインに。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ワタベウェディング名古屋フォトスタジオ(@watabewedding.nagoya_studio)がシェアした投稿 -

紙風船など昔のおもちゃ

和装前撮りの必須アイテムです。可愛らしい紙風船やビー玉など昔のおもちゃで二人が遊んでいる和やかで自然なショットが撮影できます。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ワタベウェディング横浜ベイフォトスタジオ(@watabe.wedding.yokohama_photo)がシェアした投稿 -

折り紙

折り紙を使って折り鶴や桜の花びらを作成し、和装での前撮りやフォトウェディングの際にフラワーシャワーや演出として活用できます。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Ushers Photo 新宿フォトスタジオ(@watabe.wedding.shinjuku_photo)がシェアした投稿 -

洋装撮影のウェディングドレスに合わせたい前撮り&フォトウェディング小物

フォトプロップス

今やフォト撮影では必須アイテムのフォトプロップス。「結婚しました」「Mr.」「Mrs.」などの文字が書かれたフォトプロップスであれば、無料テンプレートが配布されていることがほとんど。ダウンロードして厚紙に印刷すれば、簡単に手作り可能な小物です。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ワタベウェディング 東京・目黒フォトスタジオ(@watabewedding.meguro_photo)がシェアした投稿 -

風船、バルーン

カラフルでフォト撮影にメリハリをつけられるバルーンは、洋装、和装問わず、またスタジオ撮影でもロケーション撮影でも楽しく合わせることができます。イニシャル入りや「Mr」「Mrs」のシールを貼ったものなど、自分の好みで手作りアレンジすることも可能ですよ。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ワタベウェディング 東京・目黒フォトスタジオ(@watabewedding.meguro_photo)がシェアした投稿 -

ウェディングフラッグ

旗の形やタペストリーの形をした「ウェディングフラッグ」は、ヨーロッパやアメリカの花嫁の間で人気だったアイテム。前撮りやフォトウェディングではナチュラルなロケーション撮影を演出するアイテムとして、洋装に合わせて人気があります。

https://www.instagram.com/p/Br2MW3PH-UO/?utm_source=ig_embed

イニシャルオブジェ、アルファベットオブジェ

二人のイニシャルや特別な言葉を取り入れたオブジェを撮影に利用。オブジェは100均ショップでも購入可能です。「&」や「Love」などの定番のオブジェはスタジオでレンタル可能な場合も。問い合わせしてみましょう。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Ushers Photo 新宿フォトスタジオ(@watabe.wedding.shinjuku_photo)がシェアした投稿 -

スニーカー

洋装のフォトウェディングでは定番の撮影小物でもあるスニーカー。真新しいスニーカーも素敵ですが、わざと履きつぶしたスニーカーでの撮影も味が出ます。中にはレンタル可能なフォトスタジオもあります。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Watabe Wedding Guam(@watabeguam)がシェアした投稿 -

チャペル撮影で持ち込みたい前撮り&フォトウェディング小物

チャペルでの撮影は、神聖な誓いの儀式に沿った撮影が多いため、そのシーンを演出するのに欠かせない小物を準備すると、オリジナリティのある思い出深いショットが撮影できるでしょう。

ブーケ

ブーケを中心に撮影するショットもチャペルでは多くなるため、造花やドライフラワーを用いて自分で手作りする花嫁も多いようです。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Watabe Wedding Hawaii(@watabewedding_hawaii)がシェアした投稿 -

結婚指輪or婚約指輪

チャペルでのフォトウェディングで準備があると、結婚の思い出となるさまざまなシーンの撮影ができます。婚約指輪、結婚指輪ともにオーダーから納品まで1カ月はかかるため、早めに準備をしましょう。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ワタベウェディング大阪フォトスタジオ(@watabewedding_osaka_photo)がシェアした投稿 -

ベール

サムシングフォーの言い伝えでは、親しい人から譲り受けたベールを挙式で使うと幸せになれるという言い伝えがあり、親や友人が使ったベールを譲り受け持ち込む方も多いようです。また、自作のベールを持ち込む人もいます。もちろんスタジオでのレンタルも可能です。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ワタベウェディング横浜ベイフォトスタジオ(@watabe.wedding.yokohama_photo)がシェアした投稿 -

ウェディングシューズ

チャペルでの撮影は、足元を中心にしたショットの撮影も素敵です。本当の結婚式では足元を中心に撮影をすることは、なかなか時間の関係で難しいこともあります。ぜひ二人のこだわりのウェディングシューズを持ち込んで撮影しましょう。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Watabe Creative Studio(@creativestudio_okinawa)がシェアした投稿 -

フラワーシャワー

フラワーシャワーは基本オプションで有料で用意があることもありますが、自分らしいシャワーをしたいと折り紙などを利用して作って持ち込むことができる場合もあります。参列者がいなくても、撮影時にスタッフの方が撒いてくれるためにフラワーシャワーショットが撮影可能です。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Watabe Creative Studio(@creativestudio_okinawa)がシェアした投稿 -

ビーチなど海辺での撮影で大活躍しそうな前撮り&フォトウェディング小物

サンダル

ビーチの砂浜を歩くのにも、足元ショットを撮影する際にも大活躍。多くの人がウェディングシューズ代わりに持ち込んでいるビーチフォトウェディング必須の撮影小物です。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Watabe Wedding Guam(@watabeguam)がシェアした投稿 -

サングラス

ビーチの撮影に彩りを加えるだけでなく、お揃いのサングラスを観光用に用意して暑い日差しから目を守る意味も含めて撮影小物に加えるのも良いでしょう。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Watabe Creative Studio(@creativestudio_okinawa)がシェアした投稿 -

帽子

ベールや花冠の代わりにストローハットなど夏らしい帽子を用意して撮影するのもビーチではおすすめの撮影小物です。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Watabe Creative Studio(@creativestudio_okinawa)がシェアした投稿 -

カチンコやフォトフレーム

広いビーチならではの遠近法を利用した、面白くユニークな撮影が楽しめます。どちらもフォトスタジオで貸し出しが可能ですが、100均などで購入し、造花をつけたりとカスタマイズして楽しむこともできます。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Watabe Creative Studio(@creativestudio_okinawa)がシェアした投稿 -

サーフボードやボート

ビーチの風景を情緒豊かに彩るサーフボードやボート。撮影小物として使用したい場合には、事前にスタジオに相談してみましょう。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Watabe Wedding Guam(@watabeguam)がシェアした投稿 -

フォトウェディングや前撮りの撮影小物は厳選してチョイスしよう

フォトウェディングや前撮りで使用する撮影小物は、あまり欲張り過ぎずに自分が撮りたい衣裳やロケーションに合わせ、厳選して用意しましょう。自分がどういうイメージの結婚写真を撮りたいかを事前に打ち合わせやメールで伝えておけば、カメラマンからアドバイスをもらえる場合もあります。撮影時間を目いっぱい楽しむために、撮影小物を効果的に活用してくださいね。

挙式挙式

関連記事

Contact
マリンビジューブライダルサロン

098-901-5454

10:00~17:00/定休日:日曜日

挙式挙式
Ceremony

Ceremony

フォトウェディングだけでなく、チャペルでの挙式を挙げたいと思うおふたりにはこちらのコンテンツがピッタリです。 沖縄の海と空を感じながら「人前式」の挙式をすることが可能です。大切な家族や友人を呼んで少人数での結婚式をするのもの良し、二人だけで愛を誓うのも良しと様々なシチュエーションに合わせて結婚式が行えます。おふたりの理想の結婚式を沖縄で探してみるのはいかがですか。

Salon &Access

電話する WEBでお問合せ
pagetop