PHONE098-901-5454

沖縄ウェディングの情報発信マガジン

「扇子プロップス、赤い糸、糸電話」の作り方。前撮りやフォトウェディングで人気の手作り小物は100均アイテムで材料を揃えよう!

「扇子プロップス、赤い糸、糸電話」の作り方。前撮りやフォトウェディングで人気の手作り小物は100均アイテムで材料を揃えよう!

「扇子、赤い糸、糸電話」は100均の材料で簡単に手作りできることをご存じでしょうか。 前撮りやフォトウェディングで大人気の撮影小物ですが、100円ショップで材料がすべて手に入り、簡単に誰でも手作りすることができます。前撮り、フォトウェディング共に、スタジオ撮影でもロケーション撮影でも、ポーズに合わせて大活躍すること間違いなしです。

フォトウェディングフォトウェディング

前撮りやフォトウェディングで人気の小物「扇子、赤い糸、糸電話」は手作りできる

前撮りやフォトウェディングで人気の小物「扇子、赤い糸、糸電話」は手作りできる

前撮りやフォトウェディングの撮影にオリジナルの小物を持ち込んで、オリジナリティのある撮影を楽しむ新郎新婦が急増中。 特に人気なのが和装にぴったりな「扇子プロップス」、和装洋装ともに合わせられる「赤い糸」や「糸電話」などの小物たち。これらはすべて簡単に手作りできるうえに、作るための材料もすべて100円ショップで手に入るのです。工夫次第で、既製品にはないクオリティとフォトジェニックな小物に仕上がりますよ。

扇子プロップスとは

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ワタベウェディング名古屋フォトスタジオ(@watabewedding.nagoya_studio)がシェアした投稿 -

和装での前撮りやフォトウェディングで大人気なのが「扇子プロップス」。和テイストの扇子に造花やドライフラワー、リボンなどでデコレーションして華やかに飾ってプロップスに仕上げます。和洋ミックスにしたり「妻」「夫」の文字を貼り付けたり…と、作り手の個性とセンスが活かされる小物です。

赤い糸とは

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ワタベウェディング株式会社 東京・芝公園フォトスタジオ(@watabewedding.shibakoen_studio)がシェアした投稿 -

ふたりの運命の赤い糸を、撮影でリアルに再現できる可愛らしいアイテムです。赤い紐に針金を通して簡単にdiyできるのも大人気の理由のひとつ。赤い紐に針金を通しているため、自由自在に「♡」「Love」などの形や文字を形作ることができます。また、和装、特に白無垢に映えるのは「寿」、ウェディングドレスやカラードレスなどの洋装には「LOVE」の赤い糸がしっくりきそうですね。

糸電話とは

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ワタベウェディング名古屋フォトスタジオ(@watabewedding.nagoya_studio)がシェアした投稿 -

子どもの頃に作った懐かしい糸電話にを、さらに一工夫。赤い糸でつながった糸電話をもち、お互いに「もしもし?」というポーズをとって可愛らしい撮影をしたり、糸でつながった部分をガーランドにするアイデアも。材料は紙コップと毛糸+αのみ。簡単に手作りできる撮影用小物です。

「扇子プロップス」の作り方。和装の前撮りやフォトウェディングには今や必須!

必要な材料と道具(すべて100円均一ショップで用意が可能です)

製作に必要な材料

・扇子
・御祝儀袋(水引と短冊のみ使います)
・折り紙(和柄の千代紙など)
・造花
・厚紙(○○家、又は夫,妻と印刷して使用)

工作に必要な道具

・グルーガン
・スティックのり
・両面テープ
・はさみ
・ペン
・定規

「扇子プロップス」の作り方

(1)扇子に折り紙を貼る

・扇子を完全に広げ、折り目もしっかり伸ばした状態にします。
・扇子に貼りつける千代紙や折り紙の上に置き、鉛筆などで型をとります。
(下の部分は型をとりずらいのですが、大体で大丈夫です。)
・折り紙を切り取り、扇子の端の部分だけまずは糊付けします。
・線に沿って山折り谷折りしていきます。扇子をたたみながら折っていくと綺麗に折れます。
・最後まで折ったら、もう片側にのりを付けて折り紙を貼り付けます。

(2)扇子に飾りつけをする

・折り紙の上に水引や造花など、好みのデザインで貼り付けていきます。
・「夫」「妻」などの文字はwordを使って作成し、切り抜いて使いましょう。
・造花や水引はグルーガンを使うとしっかり接着することができます。

「赤い糸」の作り方。洋装フォトウェディングでも和装前撮りでも似合う!

必要な材料と道具

製作に必要な材料

・文字のかける大きさの紙(赤い糸の出来上がりをイメージして、作りたい大きさの紙をご用意ください)
・太目の毛糸または太目の紐(赤が定番ですが赤以外のお好きな色でも)
・針金ワイヤー(太さ1~1.2mm×長さ約15m程度)

工作に必要な道具

 

・ペンチ
・木工用ボンド
・グルーガン
・ペン

「赤い糸」の作り方

(1)赤い糸の型を作ります

・紙に「Love」や「寿」など作りたい文字のデザインを書きます。 ・Loveはoの字を♡にするのもおすすめです。

(2)紐の場合は、事前に紐の中に針金ワイヤーを通しておきます。

・カラー紐の中に針金を通します。
・紐に針金を通すのは少しコツがいるようです。難しい場合は先に針金を曲げてから、毛糸を巻きつける方法もあります。

(3)ワイヤーを曲げて型どおりに文字を作ります。

・ワイヤーを適当な長さに切ります。
・先ほど書いた文字に合わせてワイヤーを曲げていきます。
(ワイヤーが太いと曲げる際に力が必要なので細いものが作りやすいです)

(4)毛糸を巻きつけます

・紐ではなく毛糸を使う方は、ここで針金に毛糸を隙間なく巻きつけていきます。
・先に毛糸にボンドをつけておき、丁寧に巻きつけましょう。

(5)文字の重なっている部分はグルーガンで接着して完成

・文字の重なっている部分をグルーガンで固定します。
・ふたりの小指にひっかける部分のわっかを作ります。
・接着剤を乾かしたら完成です。

「糸電話ガーランド」の作り方。前撮りやフォトウェディングの撮影で大活躍!

前撮りフォトウェディング糸電話ガーランドの作り方

必要な材料と道具

製作に必要な材料

・紙コップ
・カラーひも(赤・太)
・はがき用紙

工作に必要な道具

・はさみ
・カッター
・穴あけパンチ
・グルーガン

「糸電話」の作り方

(1)カラー紐に針金ワイヤーを通します

・赤い糸の作り方と同様です。
・針金を紐に通すのが難しい方は、針金に毛糸を巻きつけてもOKです。

(2)はがき用紙に文字をプリントする

・色画用紙や好みの紙を使用してもかまいません
・文字はwordで好みのフォトと大きさでプリントすると簡単にできます

(3)穴あけパンチで2箇所穴をあけ紙を紐に通します

・文字の配列の順番通りに穴に紙を通していきます
・穴を開けずにグルーガンで接着することも可能です

紐の両側を紙コップに通して出来上がり

・紙コップに穴を開け、紐の両側を通して紐をしっかり結んでおきます。
・紙コップに装飾してもかわいいですね。

自分好みの撮影小物を手作りして前撮りやフォトウェディングを楽しもう

今回は前撮りやフォトウェディングでは定番の撮影小物である「扇子プロップス」「赤い糸」「糸電話ガーランド」の作り方をご紹介しましたが、100均でそろう材料で、工夫次第でさまざまな撮影小物を手作りすることが可能です。ぜひオリジナルの小物で、一生の思い出に残る撮影を楽しんでくださいね。

挙式挙式

関連記事

Contact
マリンビジューブライダルサロン

098-901-5454

10:00~17:00/定休日:日曜日

挙式挙式
Ceremony

Ceremony

フォトウェディングだけでなく、チャペルでの挙式を挙げたいと思うおふたりにはこちらのコンテンツがピッタリです。 沖縄の海と空を感じながら「人前式」の挙式をすることが可能です。大切な家族や友人を呼んで少人数での結婚式をするのもの良し、二人だけで愛を誓うのも良しと様々なシチュエーションに合わせて結婚式が行えます。おふたりの理想の結婚式を沖縄で探してみるのはいかがですか。

Salon &Access

電話する WEBでお問合せ
pagetop