PHONE098-901-5454

沖縄ウェディングの情報発信マガジン

かりゆしウェアやかりゆしワンピースでの沖縄結婚式コーデ。リゾート気分を満喫するための服装マナー

かりゆしウェアやかりゆしワンピースでの沖縄結婚式コーデ。リゾート気分を満喫するための服装マナー

今や沖縄の結婚式で、ゲストのお呼ばれの服装として大人気のかりゆしウェア。下に合わせるパンツや靴のマナーに迷っている人も多いようです。沖縄の結婚式や利ソートウェディングに初めて出席するゲストは、一般的な結婚式と違う沖縄独特の服装に、戸惑ってしまうでしょう。サンダルや短い丈のパンツはいいのか、女性のミュールで参列して問題ないかなど、かりゆしウェアで迷ってしまいがちな服装コーデとマナーをまとめました。

フォトウェディングフォトウェディング

かりゆしウェアとは

かりゆしウェアとは、日本と関わりの深いアロハシャツをモチーフに作られ沖縄県産の原材料を使い沖縄らしさを取り入れることを基準として生産されたシャツのこと。
かりゆしウェアはワイシャツとネクタイに代わる夏期の服装として、沖縄に広く定着しました。沖縄県庁や各行政機関を始め、一般企業でも沖縄の暑い夏を快適に過ごすビジネスウェア、オフィスウェアとして着用しています。 現在では、女性向けに同じコンセプトで作られたかりゆしワンピースやチュニックなど、さまざまなアイテムが販売されています。

かりゆしウェアの語源と定義

「かりゆし」とは、沖縄の方言で「めでたいこと」や「縁起の良いこと」を意味します。かりゆしウェアやワンピースは、次のような定義づけがされています。

沖縄県産品であること。
沖縄らしさを表現したものであること。

かりゆしウェアについてさらに詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

関連記事:沖縄でのリゾ婚や結婚式には沖縄の正装で参加しよう!「かりゆしウェア」とは

沖縄での結婚式のゲストの服装はかりゆしウェアが急増

現在では、アロハシャツのように結婚式のゲスト参列用や喪服用などが作られるようになり、冠婚葬祭時における着用も広がっています。 近年ではリゾ婚ブームによって、沖縄県外の方が沖縄県内で結婚式を挙げる方たちがとても多いのですが、リゾートウェディングでのお呼ばれの服装に悩む両親や家族、出席者の方々へ、かりゆしウェアの着用を薦めるケースも急増中です。

かりゆしウェアの結婚式でのコーディネートのマナーと注意点

かりゆしウェアで結婚式に着たい色や柄

基本的には沖縄らしい柄のかりゆしウェアであれば、色や柄はほぼ自由です。結婚式の場を明るくするために、明るいカラーや柄がおすすめです。
ただ、いくら沖縄製とはいえ、白と黒の単色、または単色に見えるようなシャツは避けましょう。マナー的には、白は新郎新婦の色として基本的に避けるべき色、黒は喪を連想させるため、ハレの場では避けるべき色になります。

かりゆしの下に合わせるものは結婚式の格式や雰囲気を見て選ぶ

一般的な結婚式に比べ、沖縄での結婚式のお呼ばれの服装はかなりカジュアルな傾向です。かりゆしウェアを着用する場合、スーツスタイルに比べラフなイメージになりますが、沖縄の正装スタイルのため、フォーマルな結婚式で着用するにも問題はありません。
かりゆしの下に合わせるパンツ(ズボン)、スカート、ワンピースなどは、結婚式が行われる場所の格式や雰囲気、招待されるゲスト(目上の方や年配の方が多いなど)に合わせ、コーディネートを考える必要があるでしょう。
基準はフォーマルな結婚式か、カジュアルな結婚式か。結婚式会場やゲストだけで判断に迷う場合は、新郎新婦にどのような服装がいいかを直接確認したほうがいいでしょう。

沖縄でのフォーマルな結婚式とは

ホテルや結婚式場での披露宴、チャペルでの挙式がある際は、フォーマル寄り一般的な結婚式の服装マナーにある程度沿ってパンツや靴などの足元のコーデを選びましょう。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

アンネ沖縄ウェディング・かりゆしレンタル(@anne_okinawa)がシェアした投稿 -

沖縄でのカジュアルな結婚式とは

披露宴の後の二次会、ビーチやガーデンなど屋外で行うウェディングや、フォトウェディングのみの場合、また新郎新婦から「堅苦しくなくカジュアルで」と指定があった場合などは、かりゆしウェアの下はデニムなどの着用やサンダル、ミュールなどラフな靴でも問題はないでしょう。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

アンネ沖縄ウェディング・かりゆしレンタル(@anne_okinawa)がシェアした投稿 -

【男性版】かりゆしウェアの結婚式お呼ばれコーディネートとマナー

かりゆしウェアの結婚式お呼ばれコーディネートとマナー

沖縄の結婚式やリゾートウェディングは、ビーチやガーデンなどで行うカジュアルなものから、ホテルやチャペルで行うフォーマルなものまで、実に多種多様です。結婚式の会場や雰囲気をしっかり確認して、かりゆしウェアの下に合わせるパンツや靴を選びましょう。

かりゆしウェアの下に合わせるパンツ(ズボン)のコーディネート

かりゆしウェアは沖縄の正装であり、ビジネスシーンやデイリーでも着用される服のため、本来はデニムやチノパン、ハーフパンツ(半ズボン)で合わせる方がとても多いようです。ただ、結婚式の雰囲気によっては、そのコーディネートではカジュアル過ぎると感じる方もいるため、配慮が必要です。

フォーマルな結婚式

フルレングスで、かりゆしの明るい色に合う白や黒のきれい目なスラックスやチノパンなどを合わせましょう。フォーマルなウェディングではできるだけ一般的な結婚式と同様に、きちんと見えるパンツを選ぶのがよさそうです。

カジュアルな結婚式

「平服で」など新郎新婦から堅苦しくないカジュアルな服装をドレスコードで求められた場合は、七~八分丈の丈短のパンツや、フルレングスのデニムパンツなどを合わせることも多いでしょう。暑い時期のピーチウェディングでは、ハーフパンツ(半ズボン)を着用するゲストも多く見かけますが、できれば着用OKかどうか、新郎新婦に確認をとったほうが無難です。

かりゆしウェアの服装に合わせる靴のコーディネート

一年中温かい沖縄では、暑い時期はサンダルを合わせたコーディネートが主流です。ですが、靴をコーディネートする際も、結婚式の格式や雰囲気に合わせて選びましょう。

フォーマルな結婚式

結婚式はハレの場であるため、できれば結婚式に適した、黒や茶色の革靴(ひも付きのストレートチップやプレーントゥ)がおすすめです。履く前に、きちんと磨いておきましょう。

カジュアルな結婚式

ビーチなどで行う結婚式では、砂浜で靴に砂が入ったり、革を痛めてしまうため、革靴でなくてかまいません。歩きやすいキレイ目のサンダルや、カジュアル使用でも少しキレイ目の靴などを用意してコーディネートしましょう。

【女性版】かりゆしウェアの結婚式お呼ばれコーディネートとマナー

女性ゲストも結婚式でのお呼ばれの服装として、かりゆしウェア(シャツ)を着用して結婚式に出席して問題ありません。女性用には、かりゆしウェアと同じ柄で沖縄県産での「かりゆしワンピース」も数多く販売されており、そちらを着用してより華やかにコーディネートすることもできます。

かりゆしワンピースの結婚式お呼ばれコーデについて、詳しくはこちらをご覧ください。

関連記事:沖縄の正装!結婚式お呼ばれで着たい「かりゆしワンピース」のコーデやマナー

かりゆしウェアの下に合わせるパンツ、スカート、ワンピースのコーディネート

男性と同様、フォーマルな結婚式であればキレイ目なスカート、パンツ、ワンピースを選びましょう。カジュアルな結婚式であればカジュアル仕様のボトムを選んでのコーディネートでも問題はないでしょう。服装に迷った場合には、どのような服装がいいか新郎新婦に必ず確認を取りましょう。

フォーマルな結婚式

フォーマルな結婚式では、できるだけ通常の結婚式同様、キレイ目のパンツ、スカート、ワンピースに合わせたコーディネートを選びましょう。パンツやスカートの素材も綿ではなく、レーヨンやポリエステル、サテンなどがおすすめです。スカート丈の長さは、膝ジャストか膝が隠れる長さがマナーです。ワンピースに合わせる際には、無地のものの上に羽織ものとしてコーディネートします。トレンドの着こなしで、裾をぎゅっと結んだアレンジも素敵ですね。

カジュアルな結婚式

男性同様、かりゆしウェアの下に合わせるボトムには、デニムや綿素材などのスカートやパンツなど、カジュアル素材のボトムで軽快なコーディネートでも問題はないでしょう。ただ、あまり丈の短すぎるスカートやパンツは、露出が激しすぎる場合もありますので避けましょう。

かりゆしウェアの服装に合わせる靴のコーディネート

女性がかりゆしウェアに合わせる靴は、デイリーであればスニーカーやサンダルでも問題はないのですが、結婚式の場合は男性同様、結婚式の格式や雰囲気、会場の様子を確認して服装と靴をコーディネートしましょう。

かりゆしウェアやかりゆしワンピースの場合ストッキングは着用しなくて良い

一般的な結婚式の場では、フォーマル、カジュアルにかかわらず女性はストッキングを着用するのがマナーという認識ですが、沖縄の正装であるかりゆしウェアやワンピースを着用の場合は、特にストッキング着用は求められません。スカートやワンピースにかりゆしウェアを合わせる場合も、着用しなくても問題はありません。肌寒い、素足を見せるのがはばかられる、といった理由からストッキングを着用してもOKです。

フォーマルな結婚式

一般的な結婚式同様、ヒールのあるパンプスが一般的です。低いヒールでも問題はありませんが、つま先が隠れ、かかとがおおわれているものが好ましいでしょう。
沖縄では、フォーマルな結婚式でも、かりゆしスタイルの場合はサンダルがOKの結婚式も多いようですが、その場合はパーティに適した、ヒールのあるパーティらしいサンダルを着用しましょう。

カジュアルな結婚式

男性同様、カジュアルな結婚式やビーチウェディングの際には、つま先が出るサンダルやミュールなどの着用もOKです。ただ、ビーチに出るような結婚式の場合は、フォーマルで履くようなヒールが補細く高いサンダルでは、砂に足を取られてしまい危ないので、ヒールがしっかりしたもので、そこまで高くないサンダルが良いでしょう。また、どこまで足元を崩したコーディネートで良いかは新郎新婦によるところも大きいので、迷ったら新郎新婦にドレスコードを確認しましょう。

沖縄の結婚式のかりゆしウェアのコーディネートは結婚式の雰囲気を見て

沖縄の結婚式で、ぜひ楽しんでほしいかりゆしウェアのコーディネート。かりゆしの下のパンツや靴のコーディネートは、できるだけ結婚式の雰囲気や、どのような服装新郎新婦が求めているかを確認して選ぶと間違いがないでしょう。沖縄を快適に過ごすために作られたかりゆしウェアで、結婚式とパーティをリゾート地らしく楽しんでくださいね。

挙式挙式

関連記事

Contact
マリンビジューブライダルサロン

098-901-5454

10:00~17:00/定休日:日曜日

挙式挙式
Ceremony

Ceremony

フォトウェディングだけでなく、チャペルでの挙式を挙げたいと思うおふたりにはこちらのコンテンツがピッタリです。 沖縄の海と空を感じながら「人前式」の挙式をすることが可能です。大切な家族や友人を呼んで少人数での結婚式をするのもの良し、二人だけで愛を誓うのも良しと様々なシチュエーションに合わせて結婚式が行えます。おふたりの理想の結婚式を沖縄で探してみるのはいかがですか。

Salon &Access

電話する WEBでお問合せ
pagetop