PHONE098-901-5454

沖縄ウェディングの情報発信マガジン

後悔しない!失敗しない!フォトウェディングや前撮りはテーマを決めて打ち合わせと撮影に望もう

後悔しない!失敗しない!フォトウェディングや前撮りはテーマを決めて打ち合わせと撮影に望もう

フォトウェディングや前撮りでは、撮影前に二人で撮影のためのテーマを決めて打ち合わせや準備に臨むと、より満足度が高くお二人らしいオリジナリティに溢れたフォト撮影が可能です。というのも、撮影が二人の思ったような内容にならず「後悔した」「失敗した」と不満に思ってしまうケースがあるようです。このような撮影での後悔やトラブルを防いで、撮影時間を思い切り楽しみ、最高に幸せな結婚の思い出を画像として残すために、主な後悔のポイントや失敗の原因を確認した上で、二人がどんな結婚写真を残したいかほ話し合っておきましょう。

フォトウェディングフォトウェディング

フォトウェディングや前撮りで「失敗した」と後悔してしまう理由と対策

k-140-0.jpeg

事前になんのイメージもなく、プラン任せでフォトウェディングや前撮りを行うと、撮影後に後悔や不満が残ってしまう、ということもあるようです。まずはどのような点が後悔の大きな理由になりやすいかを確認しておきましょう。

打ち合わせ不足への不満

フォトウェディングや前撮りでは、通常準備期間が1~2回程度と少なく、沖縄やハワイなどのリゾート地では撮影当日に打ち合わせと衣装合わせといったことも通常です。そのため「なんの準備がなくても思い通りの撮影ができる」とすべてスタイリスト任せ、カメラマン任せで撮影に臨んでしまい、撮影時間の間に思ったように希望を伝えることができず、撮影内容や出来上がりに不満を持ってしまうケースが多々あるようです。

打ち合わせは回数は少なくともメールや電話で事前確認を

打ち合わせ回数は少なくても、プラン内容や撮影イメージ、また費用面での疑問などは、撮影前にメールや電話、オンラインなどで何でも質問し、クリアにしておくことが大切です。

希望すれば打ち合わせ回数を増やすことが可能な場合も

希望すれば、撮影のイメージのすり合わせや衣装選びのために、打ち合わせ回数を増やしてくれるスタジオもあるようです。また、オンラインでの打ち合わせが可能なスタジオも急増しています。自分たちの撮りたいイメージを伝えるたるに妥協せず、できるだけ伝える時間を作ることもおすすめです。

費用とプラン内容への不満

格安プランと思って申込をしたら思った以上に衣裳や小物が選べる範囲が少ない、自分の希望を契約後に追加していったら費用がとても高くなった、という後悔やトラブルも多いようです。多くのスタジオでは、基本的に二人の希望を聞いて見積りを出した後に契約するという流れになっています。そのため、二人がどんな撮影がしたいのか、見積りの段階で希望が出せるようすり合わせをしておき、見積りを出してもらって納得してから契約することが大切です。

関連記事:「フォトウェディングや前撮りの費用を安くするには?格安料金プランを探す際の注意点」

ヘアメイクの不満

結婚式のプランには含まれていることが多い「ヘアメイクリハーサル」が、フォトウェディングのプランには含まれていないことが多く、希望する場合は有料オプションで申し込む必要があります。そのため、ぶっつけ本番でヘアメイクの希望をスタイリストの方に伝えなければならず、上手く伝わらなかったというトラブルも多いのです。 ヘアメイクで後悔しないために、次のような工夫をしている方も多いようです。

・希望どおりのヘアメイクの画像や切り抜きを持参し、できるだけ具体的な希望を伝える
・有料でもヘアメイクリハーサルを希望して事前に行う
・自分が普段使用している化粧品を持参する

衣裳選びの不満

フォトスタジオでは結婚式の衣裳を多く取り揃えていますが、プラン料金内で選べる衣裳の範囲は限られており、クオリティの高い衣裳を選ぶ際には有料オプションとなる、といったケースも多々あります。また、フォトスタジオによっては和装が強いスタジオと洋装が強いスタジオがあるため、事前に、申し込んだプランの料金でどのような衣裳の種類が選べるかを確認して置いた方が良いでしょう。また、小物やアクセサリーの持ち込みが可能かどうかも事前に確認しておくことをおすすめします。

フォトウェディングや前撮りを行う前に撮影のテーマを決めよう

フォトウェディングや前撮りでの後悔や不満の原因の大元は、撮影内容をフォトスタジオ任せにしてしまい、出来上がったものが自分の中でイメージしていたものと違っていた…という理由が大きな原因を占めることがわかります。そのため、フォトスタジオを選ぶ前に二人で「フォトウェディングや前撮りの撮影テーマ」をしっかり決め、そのテーマに沿ってフォトスタジオや撮影内容を選ぶことが後悔のない撮影への近道です。

フォトウェディングや前撮りの撮影テーマとは

撮影テーマを考える、というとなんだか難しそうに感じますが、簡単にいえば「どんな雰囲気の写真が撮りたいか」、二人でSNSやWEBサイトを確認して、イメージを膨らませることです。イメージを膨らませるためには、ある程度他のカップルがどんなフォト撮影を行っているのか、情報を収集する必要があるでしょう。

撮影テーマを決めてからフォトスタジオを探そう

撮影テーマ「撮りたいイメージ」が二人の中で固まってきたら、そのイメージを表現してくれるプランを持っているフォトスタジオや結婚式会場を探す必要があります。挙式をテーマにしたフォトが撮りたいならチャペルがある会場のフォトウェディングプラン、リゾート地で非日常な景色の中開放的な撮影がしたいならリゾート地にあるフォトスタジオ、二人の自然な表情を中心に撮りたいなら、スタジオセットが充実しているフォトスタジオ…といった風に、テーマに沿ってフォトスタジオとプランを探しましょう。

フォトウェディングや前撮りのテーマ事例の決め方

フォトウェディングや前撮りのテーマを考え、フォトスタジオや結婚式会場を決める際には、次のような条件からテーマを探っていくと良いでしょう。

テーマを決めるための手段例

【1】撮りたいロケーションから選ぶ
【2】撮りたい衣裳から選ぶ
【3】撮りたいポーズやシチュエーションから選ぶ
【4】フォトスタジオの体験レポートやSNSを参考にスタジオを探す
【5】撮りたいテーマや希望を伝え見積りを出してもらい検討する

撮りたい希望のロケーションがある場合には、できるだけその近くにあり、ロケーション場所に精通しているフォトスタジオを選びましょう。また、衣裳で希望が明確にある場合には、和装が強いスタジオと洋装が強いスタジオは分かれるため、事前にどのような衣裳があるかを調べておくのもおすすめです。
撮りたい衣裳とロケーションが決まったら、その場所でどのような撮影が可能なのかを体験レポートやSNSなどで、実績を確認しておきましょう。はっとするようなシーンや表情を撮影しているカメラマンを見つけた場合は、その人を指名することも検討しましょう。
ある程度撮りたいテーマの希望が見えてきたら、それを見積りの際に伝え、希望込みでのプラン料金の予算を正確に把握し、検討することが大切です。

フォトウェディングや前撮りの参考にしたい!テーマ事例7選

撮影テーマはひとつに絞る必要はありません。ただ、たくさんあり過ぎても、限られた撮影時間の中ではすべてを叶えることは難しいでしょう。二人で撮りたい撮影テーマを2~3つほどに絞って、事前にカメラマンに伝えておきましょう。

ナチュラル

二人のいつも通りの自然な仕草や表情を撮影してほしい、という希望をテーマにするカップルも多いようです。特に表情を作るのに自信がない、緊張してしまいそうで不安な場合は、スタジオ撮影がおすすめです。また、開放的な大自然の中でも、楽しみながら撮影時間を過ごすだけで自然な表情が撮影できるでしょう。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Watabe Creative Studio(@creativestudio_okinawa)がシェアした投稿 -

挙式風景、チャペル、神殿

二人が結婚を誓い、晴れて夫婦となる記念すべき聖なる誓いの時間を美しい思い出に残したい二人には、挙式会場をロケーションとした撮影がおすすめです。また、本当の挙式をプラン内に組み込むこともできるスタジオや会場が増加しています。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Watabe Creative Studio(@creativestudio_okinawa)がシェアした投稿 -

ドラマティック

普段の日常では味わえない、非日常で映画のワンシーンのような撮影が可能なのもフォトウェディングや前撮りでの大きな醍醐味です。都会やビーチなど、ロケーションに合わせたポーズや撮影イメージを事前にカメラマンに伝えて、思い出に残るカラフルなショットを撮影しましょう。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Ushers Photo 新宿フォトスタジオ(@watabe.wedding.shinjuku_photo)がシェアした投稿 -

記念写真

「結婚の記録を残す」という意味では、結婚の記念というわかりやすいテーマで二人のフォトをテーマに撮影するカップルも多くいます。また、このテーマで撮影したフォトを年賀状や結婚報告はがき、結婚式でのペーパーアイテムで使いたいというカップルも多くいます。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Ushers Photo 新宿フォトスタジオ(@watabe.wedding.shinjuku_photo)がシェアした投稿 -

家族やゲストと一緒に

二人の大切な家族や友人たちなどゲストと一緒に撮影をすることも可能です。親しい人たちと一緒に撮影する記念写真は、結婚を通じて大切な人たちとの絆を深める大きなきっかけになるでしょう。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Ushers Photo 新宿フォトスタジオ(@watabe.wedding.shinjuku_photo)がシェアした投稿 -

おもしろ、ユニーク

撮影テクニックや小物、アイデア次第で、普段では撮影できないユニークで面白いフォト撮影が可能です。アルバムを見返したとき、話題にあがってその時の楽しい気持ちがいつでも思い出されるような、そんな記念を残すことができるでしょう。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Ushers Photo 新宿フォトスタジオ(@watabe.wedding.shinjuku_photo)がシェアした投稿 -

二人の結婚式や結婚のテーマに合わせて

二人の結婚式や結婚のテーマに合わせて撮影衣裳や撮影場所を決め、結婚式本番でのペーパーアイテムやウェルカムボードへの加工も念頭に撮影を計画する人も多くいます。また、結婚式ではウェディングドレスを着用するので、前撮りやフォトウェディングでは正反対のイメージで撮影したい、という方もおおいようです。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Ushers Photo 新宿フォトスタジオ(@watabe.wedding.shinjuku_photo)がシェアした投稿 -

フォトウェディングや前撮りのテーマは後悔のない撮影のために重要

フォトウェディングや前撮りの計画前に「撮影のテーマを決める」ことは、二人の意見をすり合わせることと、撮影のためのフォトスタジオやプラン選びの指針とするために、とても重要や役割を果たします。最初はイメージがないという方も、フォトスタジオの体験実例やSNSで先輩新郎新婦の実例をいくつか見ておくと、イメージや希望が具体的に見えやすくなります。テーマに合わせた準備を行うことで、後悔のない最高の結婚写真を撮影してくださいね。

挙式挙式

関連記事

Contact
マリンビジューブライダルサロン

098-901-5454

10:00~17:00/定休日:日曜日

挙式挙式
Ceremony

Ceremony

フォトウェディングだけでなく、チャペルでの挙式を挙げたいと思うおふたりにはこちらのコンテンツがピッタリです。 沖縄の海と空を感じながら「人前式」の挙式をすることが可能です。大切な家族や友人を呼んで少人数での結婚式をするのもの良し、二人だけで愛を誓うのも良しと様々なシチュエーションに合わせて結婚式が行えます。おふたりの理想の結婚式を沖縄で探してみるのはいかがですか。

Salon &Access

電話する WEBでお問合せ
pagetop