PHONE098-901-5454

沖縄ウェディングの情報発信マガジン

フォトウェディングや前撮りのデータとは?全データ渡しと100カットの違いは?即日データ渡しやデータ修正など、撮影データのサービスと費用を解説

フォトウェディングや前撮りのデータとは?全データ渡しと100カットの違いは?即日データ渡しやデータ修正など、撮影データのサービスと費用を解説

フォトウェディングや前撮りのプランでよく見る全データ渡し、即日データ渡し、100カット付き、などという言葉の意味を依頼前にきちんと理解しておくと、費用が大きく節約できるポイントにもなります。せっかく撮影した記念の全データがほしいと思っても、データ数によって別料金で購入するケースもあるのです。また、即日データ渡しが可能かどうかや、修正依頼をお願いしたい場合など、データにまつわるオプションやサービスについてもまとめました。

フォトウェディングフォトウェディング

フォトウェディングや結婚式前撮りでよく聞く「データ」「カット数」とは

フォトウェディングや結婚式前撮りの撮影プラン料金を見ていると、プラン内に「撮影データ100カット付き」「撮影カット数200カット保障」「撮影200カット(データ30カット)」などという言葉を目にするでしょう。

撮影データとは

撮影データとは、撮影した画像のメモリーのことです。フォトウェディングや前撮りで撮影した画像はデータ化されて、お客様に納品されるのですが、撮影したものすべてを無料で渡されることはほぼなく、撮影データは有料で買い取ることが一般的です。
撮影プラン内に「撮影データ(100カット)」などの記載がある場合には、100カット分撮影したデータの渡しがプラン料金内に含まれていますよ、ということです。

撮影カット数とは

撮影カット数というのは、撮影する写真の枚数のことです。
例えば、「撮影200カット(データ30カット)」という表現は、200カット写真撮影し、その内30カットのデータをご納品するということです。
「撮影200カット」という表示の場合、200枚の異なる写真を撮影はするが、データは別料金で買取が必要、ということになります。

フォトウェディングや前撮りの格安プランの料金表示と「全データ」の必要性の有無

フォトウェディングや前撮りのサイトを見ていると、格安料金のプランを目にすることが多いでしょう。このプランで、特に注意してほしいのはデータ渡しのサービスが含まれているかどうかです。
一般的には、格安プランで1万円代~3万円代のプランに含まれているのは以下の内容であることがほとんどです。

・撮影料金
・ふたりの衣裳レンタル料金
・新婦ヘアメイク料
・撮影の中から選んだ1~数枚のカットを台紙に貼って渡してくれるサービス

撮影データの記載がなければ、撮影データの渡しは含まれておらず、撮影データが必要な場合には、別途買取料金が必要になります。
また、「〇カット撮影保障」の表記の場合にも、撮影してくれる枚数のみの表記であり、データ渡しは料金に含まれていないことに注意してください。

撮影データの全データ買取料金相場は?追加データの平均相場は?

撮影データの買取金額の相場は、実はスタジオや撮影カット数により大きく異なりますが、プラン内に撮影データが含まれておらず、後からオプションとして依頼する場合には、3万円~5万円ほどの価格で購入することがほとんどです。
また、撮影プランに含まれているカット数以上に追加データを購入する場合、1カットにつき数千円で購入する仕組みになっていることも多くあります。

全データ渡しが入っているプランを選んだほうがフォトウェディング費用は割安

「自分の気に入ったデータだけを選べばいい」と考える人も多くいますが、撮影データを見返すと、プロの撮影によってまるでコマ送りのようにふたりの表情や気持ちの変わる様が見られるため、全部欲しくなってしまうというケースも非常に多いのです。
そのため、できれば最初から全カットデータ渡しが含まれるプランで検討したほうが、結果的にフォトウェディング費用が安く済むケースが多いのです。

フォトウェディングや前撮りで必要なデータ数は?購入データ数は平均何カット?

フォトウェディングや前撮りで必要なデータ数は?購入データ数は平均何カット?

一般的に、購入データ数の平均はどの程度のカット数になつているのでしょうか。2020年度のゼクシィの調べでは、つぎのような結果になっています。

【フォトウェディングや前撮りの平均購入カット数】
スタジオ撮影 148.4カット
ロケーション撮影 202.4カット

目安は撮影カット数は1衣裳、1ロケーションにつき50~100カットほど

自分たちがどの程度データを購入すれば満足度の高い撮影になるか考えたとき、1衣裳、1ロケーションにつき、目安としては50~100カットほどあると満足度の高い内容の撮影が叶えられるでしょう。

撮影時間と撮影カット数を契約時の内容からオーバーしないよう注意

撮影時間と撮影カット数を契約時の内容からオーバーすると、追加料金が加算されるケースが多いため、撮影費用を節約したいと考える場合には、契約した際の撮影カット数からオーバーしないことが一番です。自分たちの希望の衣裳着用枚数と、ロケーションの場所から、逆算して何カットが必要なのかを打合せの段階でよく相談して、見積りを立ててもらいましょう。
特にリゾート地での撮影やロケーション撮影では「ここでも撮影したい」というスポットが多いため、撮影カット数をオーバーしがちで追加購入する人がほとんど。見積りの段階で、多めのデータ数渡しが含まれるプランを選ぶこともおすすめです。

フォトウェディングや前撮りの撮影データで注意したいサービスやオプションは?

フォトウェディングや前撮りで撮影したデータは、ふたりの結婚を思い出すための記録としてだけでなく、アルバム、ウェルカムボード、年賀状、フォトブックなど、さまざまなアイテムに加工利用したいと考える人も多いでしょう。撮影データを利用したオプションや即日データ渡しを希望する際の注意点についてまとめました。

アルバム加工、年賀状加工、ウェルカムボード加工には2週間以上必要

フォトウェディングや前撮りで撮影した結婚記念の撮影データは、アルバムにして両親にプレゼントしたり、結婚式で配るフォトブックにしたり、ウェルカムボードにしたり、ムービーに利用したり、年賀状や暑中見舞いのデザインにしたり…とさまざまな活用アイデアがあります。しかし、オプションサービスで加工を依頼すると、どの業者に依頼したとしても最低でも2週間~1カ月は見ておく必要があるのです。
急いで出来上がりを受け取りたい場合には、申込前にどの程度で仕上がるのかを確認する必要があります。

データ即日渡しができるスタジオは限られている

撮影したデータを即日受け取ることができるサービスを行うスタジオも、実は限られています。多くのスタジオは撮影終了後、データの納品まで2週間から1カ月はかかるといわれることも多いのです。また、撮影後に即受け取れるわけではなく数時間後の受取り、というスタジオもあります。
データを撮影日当日に持ち帰りたい場合には、データの納品形式や即日渡しのサービスがあるかどうかをしっかり確認した上で、申込みをおこないましょう。

データ修正はオプション料金が必要

撮影データを美肌修正してほしい場合や、色彩を鮮やかにしてほしいといった依頼には、データ修正のためのオプション料金が必要になるケースも多いのです。即日データ渡しの場合は、無加工か、簡単な光の加減の修正のみおこなわれているケースがほとんどです。 撮影データは当日確認が可能ですが、修正を依頼すると、プロによる修正で驚くほどの美肌に加工されていたり、ホワイトバランスの調整で鮮やかな色彩になったり…と、見違えるような画像になります。
自分で画像を加工修正することも可能ですが、素人にはなかなか難しい技術。 出来上がりをさらに美しくしたい、と希望する場合には、修正オプションの依頼がおすすめです。

フォトウェディングや前撮りのデータ購入、オプションはあらかじめ検討しておこう

フォトウェディングや前撮りでは、プラン内にデータ渡しの記載がない、またはカット保障の記載のみの場合には、別料金で撮影データを購入する形になります。後から追加で購入するより、最初からデータがついているプランのほうが割安であることがほとんどのため、データ付きプランを選ぶことがおすすめです。また、購入データの二次利用を考えている際には、使いたいアイデアや使いたい日付を事前に確認しておき、問い合わせや申込の際に内容を確認できるよう準備しておきましょう。

出典:「ゼクシィ 結婚トレンド調査2020調べ」

挙式挙式

関連記事

Contact
マリンビジューブライダルサロン

098-901-5454

10:00~17:00/定休日:日曜日

挙式挙式
Ceremony

Ceremony

フォトウェディングだけでなく、チャペルでの挙式を挙げたいと思うおふたりにはこちらのコンテンツがピッタリです。 沖縄の海と空を感じながら「人前式」の挙式をすることが可能です。大切な家族や友人を呼んで少人数での結婚式をするのもの良し、二人だけで愛を誓うのも良しと様々なシチュエーションに合わせて結婚式が行えます。おふたりの理想の結婚式を沖縄で探してみるのはいかがですか。

Salon &Access

電話する WEBでお問合せ
pagetop