PHONE098-901-5454

沖縄ウェディングの情報発信マガジン

フォトウェディングのみの場合プランの内容とは?結婚式との違いは?挙式なし、披露宴なしで後悔しない?フォトウェディングだけでも最高に楽しい時間にするための方法

フォトウェディングのみの場合プランの内容とは?結婚式との違いは?挙式なし、披露宴なしで後悔しない?フォトウェディングだけでも最高に楽しい時間にするための方法

さまざまな理由から結婚式なし『ナシ婚』を選ぶ人も、結婚の記念撮影を行う『フォトウェディング』を選択する人が年々増加しています。そのため、フォトウェディングのプラン内容も進化しており、結婚する二人にとって必要な内容を費用に合わせ選べるようになったプランが急増しています。結婚式なしを選択したものの、「フォトウェディングのみで本当に後悔しない?」と不安な方に、最新プランの紹介も合わせフォトウェディングだけでも最高に楽しい時間にするための方法をお教えします。

フォトウェディングフォトウェディング

フォトウェディングとは?結婚式とフォトウェディングの内容の違い

フォトウェディングのみの場合プランの内容とは?結婚式との違いは?挙式なし、披露宴なしで後悔しない?フォトウェディングだけでも最高に楽しい時間にするための方法

結婚式なしやフォトウェディングのみでの結婚を選択する前に、結婚式とフォトウエディングの意味と違いをよく確認しておきましょう。

結婚式とは

一般的に、結婚式とは結婚を誓う儀式のことを意味します。 いわゆる「挙式」と呼ばれる儀式が、本来の「結婚式」とされています。それに対して、挙式の後に行われ、ゲストを招いて食事や余興を行う会を「結婚披露宴」と呼びます。
結婚式披露宴は結婚の儀式を終えた二人が晴れて夫婦になったことを縁ある人々(=ゲスト)お披露目し、お祝いをするパーティのことです。
少し前までは挙式、披露宴、二次会の一連のパーティを合わせて「結婚式」と認識している人も多くいましたが、現在では結婚式への価値観の多様化に伴い、その人の考え方によって挙式のみ、挙式とお披露目パーティのみ、食事会のみなど、さまざまな形態が『結婚式』と認識されています。

フォトウェディングとは

フォトウェディング(フォト婚)とは、いま注目されている結婚式のスタイルのひとつ。 結婚の記念に写真撮影をする、「写真だけの結婚式」です。 結婚式や披露宴は行わないものの、ウェディングドレスやタキシード、和装など結婚式の際の衣装を着用して、写真撮影を行います。結婚式を行う人も、結婚式前や後にフォトウエディングを行い記念撮影を楽しむ人が増加しており、その場合は「前撮り」「後撮り」とも呼ばれています。

結婚式とフォトウェディングの違い

結婚式は結婚の証人となる司祭や立会人、参列者の前で結婚の誓いを立て、夫婦として認めてもらうための公的な儀式の位置づけです。また多くのゲストに結婚した二人の姿をお披露目することで、人生の節目として結婚に大きな意味を持たせることができます。
一方で、フォトウェディングは結婚の証人となる人がいない場合が多く、あくまで私的な結婚イベントとして位置づけられます。二人が結婚の記念や思い出を残すためのイベント、という意味合いが強いのです。

フォトウェディングと結婚式のメリットを比較。自分たちにとって必要な結婚イベントとは?

フォトウェディングのみで後悔したくない、と考える場合は、まずは結婚式とフォトウェディングのメリットをよく理解して比較し、自分たち夫婦の今後にとって、どちらが大切であるかを納得する必要があります。

結婚式のメリット

・縁ある人々を招待して二人が結婚したお披露目ができる
・結婚報告が一回で済む。周囲に二人が結婚したことを認知してもらえる
・社会的に安定した二人と印象づけられる
・育ててくれた親に晴れ姿を見せることができる
・二人の家と家族の結びつきを深くし、絆を深めることができる

結婚式を行うメリットはさまざまな大切な理由があります。 やはり世界的な長い歴史を振り返れば、結婚式は二人の人生でお世話になった周囲の人を一同に集め、感謝を表すことができる大切な節目の場面であり、晴れて夫婦になった二人を社会的にお披露目できる場でもあります。
大切な人を招待する分、準備期間や費用も多くかかりますが、二人でしっかり話し合って結婚式を計画していくことで、お互いの理解がより深まるというメリットもあるのです。

フォトウェディングのメリット、デメリット

フォトウェディングは結婚の思い出を残すという非常にシンプルな結婚イベントですが、結婚式と比較してどのようなメリットがあるのでしょうか。

費用は結婚式と比較して安く済む

ゲストを招待して行う一般的な結婚式費用の平均相場が約300万円、新郎新婦の自己負担が100万円ほどと言われています。それと比較するとフォトウェディングは非常に安い費用で収めることが可能です。フォト撮影に支払った料金で最も多いボリュームゾーンは5~10万円ほどと、安価な費用で実現が可能です。

準備がほぼ必要ない

結婚式の平均的な準備期間は3~6カ月。会場の平均予約期間は式の8カ月前前です。ゲストを招待しもてなすためのさまざまな準備が必要で、時間と労力がかかります。 一方でフォトウエディングは、基本的に事前打合せ以外は特別な準備は必要ありません。衣装選びも撮影当日に行うプランもあり、撮影時間は約半日ほどです。 業者に撮影スケジュールの空きがあり、シーズンなどにこだわりがなければ、すぐに撮影も可能です。

結婚式の体験が可能

フォトウェディングでは、チャペル風のフォトスタジオの他、結婚式会場やゲストハウスの中にある挙式会場を使用しての撮影も可能です。そのため、着付けからメイクまでの写真撮影を行い、まるで本物の結婚式のような風景を撮影で残すことができます。 2人きりだけでなく、両家両親や家族にも撮影に傘下してもらうことも可能なので、本番さながらの結婚式体験も味わうことができるでしょう。

チャペルや海などさまざまなロケーションで撮影可能

ガーデンや有名な庭園、観光名所や自然の風景、街中など、2人が撮影したいさまざまな場所でのロケーション撮影が計画可能です。 ふたりの思い出の場所、新婚旅行を兼ねてなど、結婚の記念となる思い出作りをとことん楽しみながら撮影に臨めます。

自分の好きな衣装を安価に楽しめる

結婚式における衣装代の平均相場は新郎新婦あわせて40~50万円ほどと高額ですが、フォトウェディングプランの場合、1~10万円程度でレンタルが可能です。また、1着だけでなく2着以上、和装と洋装両方の着用も可能です。着付けとヘアメイクもプラン内に入っていることが多いため、さまざまなウェディング衣装を楽しんで撮影できるでしょう。

『フォトウェディングのみ』のプラン内容とは?

フォトウェディングのみの結婚イベントを選択した場合、実際のプランと撮影内容はどのようなものになっているのでしょうか。具体的な内容を確認しておきましょう。

フォトウェディングの基本的なプラン内容とは

フォトウェディングのプランには、結婚の記念撮影に必要最低限な以下のシンプルなアイテムが含まれています。

・結婚衣裳レンタルと着付け(アクセサリーや小物も無料レンタルの場合もあり)
・プロスタイリストによるヘアメイク
・プロカメラマンによる撮影
・記念台紙(撮影データから1~2種類をチョイスして現像したもの)

衣裳ランクアップ、データ買取、アルバムなどはオプションとして別料金がかかる

結婚の記念に必要最低限なアイテムはそろっているものの、より撮影内容をグレードアップし、思い出をよりよく残すために、「オプション料金」として別料金を払って、プランの内容で自分たちが必要だと思うものを選び、グレードアップしていきます。
オプションで用意されているサービスとして、次のようなものが挙げられます

全データ買取料金

プラン内にデータ料金が含まれていない場合は、データ買取をするために別料金を支払う必要がある場合もあります。データは肌色や光の加減を美しく修正して渡してもらえます。

アルバム加工料金

撮影データから画像を二人で選び、アルバムとして編集、加工してくれます。すぐに手に取って見られる思い出として、また二人の親族に晴れ姿を見せるための記念品としてプレゼントする場合にも役立ちます。

挙式料金

チャペルなど挙式会場で撮影を行う場合は、立会人を呼んでフォトウェディング内で本当に挙式を行うことができます。

衣裳・小物グレードアップ料金

基本プラン以外に料金を支払うことで、衣裳やアクセサリーを選ぶ種類が多くなり、自分の納得のいく衣裳を選ぶことができるでしょう。

カメラマン指名料金

撮影サンプルの画像を見て、スタジオに所属しているカメラマンから好きな雰囲気、撮りたいイメージなどを元に撮ってほしいカメラマンを指名することができます。

ヘアメイクリハーサル料金

ヘアメイクリハーサルを事前に行うことで、本番に失敗のない、理想どおりのヘアメイクで撮影に臨むことができます。

ゲスト着付け、ヘアメイク料金

撮影に参加した両親など二人以外のゲストの衣裳着付けやヘアメイクを追加でお願いすることができます。

フォトウェディングのみで後悔してしまう主な理由

フォトウェディングのみの場合プランの内容とは?結婚式との違いは?挙式なし、披露宴なしで後悔しない?フォトウェディングだけでも最高に楽しい時間にするための方法

フォトウェディングのみで後悔してしまうことの理由は、大きく分けて「結婚式をしなかった」ことによる後悔と「フォトウェディングの内容に満足できなかった」後悔が挙げられます。

フォトウェディングのみで結婚式を挙げなかったことに対する後悔

・両親に結婚衣装の姿を見せられない
・結婚式に憧れがあり挙式をしなくていいのか悩んでしまう
・ゲストを招待できないため、お祝いされないので寂しい

どの後悔の理由も、大元は「結婚式をやればよかった」という部分に起因します。結婚式に対しての憧れや未練があるにも関わらず、費用面や準備期間などさまざまな理由から、通常の結婚式に踏み切れない場合、妥協してフォトウェディングを選ぶのではなく、まずは二人にとっての結婚式とは何かをよく話し合ってみる必要があるでしょう。

フォトウェディングのプランや撮影内容で後悔してしまう主な理由

・費用やプランによって選べる衣裳のバリエーションが異なっていた
・夫婦どちらかが写真撮影が苦手、またはカメラマンとの相性が悪く撮影ムードが悪くなった
・ヘアメイクが希望と違うものになってしまった
・ポーズや表情がどれも微妙な出来栄えになってしまった

フォトウエディングを納得して選択したものの、後悔する大元の理由は「フォトスタジオとの打ち合わせ不足」「二人の準備不足」という点が共通しています。 フォトウエディングの打ち合わせは通常の結婚式に比べると回数か少なく、なかには打ち合わせなしで当日撮影前に衣装合わせというフォトスタジオもあります。 そのため、自分たちの希望していることが上手くカメラマンに伝わっていなかったり、準備期間も短いため、どういった撮影がしたいかという二人のすり合わせが曖昧なまま当日を迎えてしまい、後悔につながるケースが多くあるようです。

フォトウェディングのみでも後悔しない、失敗しないための方法と対策

フォトウエディングのみの結婚イベントでも後悔しないために、また撮影時間を思い切り楽しむためには、撮影する二人が結婚式に対して何を重視しているかをしっかり話し合い、それに見合った準備を重ねていくことが大切です。

挙式やゲスト招待を重視するならオプションで選ぶことも視野に入れる

・フォトウェディングに挙式つきプランが増加
・フォトウェディングにゲスト参加も可能
・フォトウェディング後に会食や披露パーティを計画
・フォトウェディングを沖縄、ハワイ、グアム等リゾート地で行う人も多い

現在、フォトウェディングのプラン内容は結婚式の多様化に合わせてさまざまなプランの用

意があるスタジオが多く、自分に必要な結婚式の儀式やパーティをフォトウェディングに組み込むことが可能です。上記のような内容はオプションとして加えることができることも多いため、費用面含め、契約前にスタジオ側とよく相談して選択することをおすすめします。

フォトウエディングの撮影内容の満足度を上げる場合は打ち合わせと準備期間が必要

・打ち合わせを重視するフォトスタジオを選ぶ
・格安プランが何故格安であるかの理由とサービス範囲は必ず確認
・衣裳の選べる範囲や衣裳内容は事前に資料や画像を送ってもらう
・どんなテーマで撮影したいかは最低限二人ですり合わせておく

フォトウェディングの大きな魅力は結婚式と比較して「準備期間の短さ」「準備量の少なさ」という手軽さです。しかし、そのために自分たちの希望がフォトスタジオのスタッフに伝わっていなかったり、二人の希望のすり合わせが出来ていないまま当日を迎えてしまい、納得のいく撮影ができないというケースも多々あるのです。 楽しい撮影時間にするために、また最高の思い出に残るフォトを残すためには、自分たちの希望を明確にした上で、打ち合わせの際やメールまたはオンラインなどで不安な面はしっかり事前に確認し、解決しておくことが重要です。

フォトウェディングでも結婚式に近いプランは可能!挙式・パーティ・会食・ゲスト参加

結婚式の簡素化や新型コロナ感染症の拡大に伴い、フォトウエディングのプランに二人が結婚式で大切にしたい、という要素をオプションで組み合わせ、『結婚式』としての体裁を整え満足度の高いイベントにすることを選ぶケースが急増しています。

フォトウェディングに挙式つきプランが増加、ゲスト参加も可能

フォトウエディングのプランにオプションとして、通常の結婚式を行うチャペルや神殿を使用して、神職者や立会人を呼んで、内容もグレードも本物の「挙式」を、通常の挙式の費用に比べれば格安でプランとして用意するフォトスタジオや結婚式会場が現在急増しています。挙式にはゲストの参加も可能なため、大切な人々に見守られながらの挙式&フォトウェディングが可能ですし、全員での集合写真も撮影できます。

フォトウェディング後に会食や披露パーティを計画

フォトウエディング終了後に、ゲストを招待しての会食や1.5次会などの披露パーティのみを企画することもできます。中にはレストランと提携し、フォトウェディングで着用した衣裳のまま会食に参加することができるプランもあります。

フォトウェディングを沖縄、ハワイ、グアム等リゾート地で行う人も多い

フォトウェディングを新婚旅行と兼ねて、日常から離れた思い出がたくさん作れる美しいリゾート地の風景の中で撮影するカップルも非常に多いのです。また、二人の親など大切な人と一緒にリゾート地へ訪れることも多くなっています。

フォトウェディングのみでも後悔しない最高に思い出を作るために

フォトウェディングだけ、結婚式なしでも、二人が事前に結婚式で何を大切に思っているかを見直し、フォトウェでイングの準備や打ち合わせをしっかり行うことが大切です。 二人が一番大切だと思っている要素をフォトウエディングに盛り込んで自分たちだけのプラン作成もできるでしょう。フォトウェディングは「結婚の思い出を残す」というシンプルなプランであるからこそ、費用も手軽で、自分たちに本当に必要なものだけを選んで、納得のいく結婚式を作ることができる手段です。

挙式挙式

関連記事

Contact
マリンビジューブライダルサロン

098-901-5454

10:00~17:00/定休日:日曜日

挙式挙式
Ceremony

Ceremony

フォトウェディングだけでなく、チャペルでの挙式を挙げたいと思うおふたりにはこちらのコンテンツがピッタリです。 沖縄の海と空を感じながら「人前式」の挙式をすることが可能です。大切な家族や友人を呼んで少人数での結婚式をするのもの良し、二人だけで愛を誓うのも良しと様々なシチュエーションに合わせて結婚式が行えます。おふたりの理想の結婚式を沖縄で探してみるのはいかがですか。

Salon &Access

電話する WEBでお問合せ
pagetop