PHONE098-901-5454

沖縄ウェディングの情報発信マガジン

ビーチでのフォトウェディングや前撮りでおすすめの髪型。海風が吹く屋外ロケーションで注意するポイント

ビーチでのフォトウェディングや前撮りでおすすめの髪型。海風が吹く屋外ロケーションで注意するポイント

沖縄、グアム、ハワイなどで行うビーチでのフォトウェディングや前撮りでは、どのような髪型やメイクが最適でしょうか。海風が強いビーチでのフォト撮影に適した花嫁のヘアスタイルをロング、ミディアム、ショートなど髪の長さ別に紹介します。また、後悔のないヘアメイクをオーダーするための注意点も確認しておきましょう。

フォトウェディングフォトウェディング

ビーチフォトウェディングや前撮りでの髪型、メイクでの注意点

ビーチフォトウェディングや前撮りでの髪型、メイクでの注意点

沖縄、ハワイ、グアムなどのビーチで行うビーチフォトウェディングや前撮りでは、暑い気温、強い日差し、強い海風に注意して、ヘアメイクを考える必要があります。基本的には現地での打ち合わせはゼロ、または直前に1度きりという短時間になるため、後悔のない撮影のためには、気温、日差し、海風に対応したヘアメイクについて自分で調べて希望のスタイルを考えてオーダーする必要があります。

ビーチフォトウェディングや前撮りでの髪型の注意点

強い海風で、髪型が撮影中に崩れてしまう可能性があります。そのため、多少崩れても気にならないナチュラルなゆるめのセットか、しっかりまとめヘアスプレーでがちがちに固めるか、など、自分の希望する髪型に合わせて対策を考えましょう。事前にメールでの問い合わせやオンラインでの打ち合わせの際に、自分の希望の髪型を画像などで伝え、ビーチでの撮影で大丈夫かどうか、海風に対応する対策がとれるか確認をとっておくとより安心ですし、依頼したフォトスタジオ側からビーチフォト撮影に適した髪型のアドバイスを受けられることもあります。

ビーチでの撮影に適した髪型はアップかダウンか

ビーチフォトウェディングではどちらの髪型も問題はなく、希望のスタイルで撮影が可能ですが、風が強い日の場合や天候がよくない場合、アップスタイルは強風でもスタイルキープしやすいので、撮影もある程度イメージ通りの写真が撮影できます。ダウンスタイルや後れ毛を活かしたナチュラルなスタイルの場合は、風に負けないようスプレーでキープしながら撮影を進めていく必要があるでしょう。

小物やヘアアクセサリー、ベールの持ち込み

持ち込みに関しては、多くのスタジオが持ち込み料金無料で持ち込みが可能ですが、事前に申請が必要です。もちろんスタジオ側に準備があるため、そちらを利用することも可能です。自分で持ち込んだ花冠やベールなどに合わせたヘアスタイルを希望する場合は、どのようなものを使って欲しいか画像を送っておくなど事前に知らせ、それに適した髪型を話し合うと良いでしょう。

理想のヘアスタイルが決められない場合

忙しくて情報が集められない、理想のヘアスタイルがわからないという場合でも、基本的には撮影日当日にプロのヘアメイクが髪の長さやその日のビーチの天候や風の強さに合わせて、髪型を提案してくれます。安心してお任せしましょう。

ビーチフォトウェディングや前撮りでのメイクの注意点

髪型以上に注意が必要なのがメイクです。一度仕上げてしまうと、やり直しが難しいため「すべておまかせ」「希望がない」などは避けた方が良く、ある程度メイクの希望を伝えられるように準備したほうが良いでしょう。

希望のメイクの画像を集めておく

自分の言葉でメイクの希望を上手に伝えられない場合は、希望するメイクの雰囲気が伝わる画像を事前に集めてスマートフォンなどに保存してすぐに見せられるようにしておきましょう。

海外でのビーチフォトウェディング

ハワイやグアムでのビーチフォトウェディングの場合、日本人のヘアメイクスタイリストが指名可能かどうかも確認をとると安心です。心配な場合は、事前に依頼するスタジオに画像を送って、希望どおりのメイクになるかどうかなど、メールやオンラインで確認するなどの対応もできるでしょう。

自分がいつも使用している化粧品を持っていく

暑さで汗をかくことも多いビーチフォトウェディングや、海外で行うビーチフォトウェディングでは、自分が普段愛用している化粧品や下地、日焼け止めなどを持参することもおすすめです。特に敏感肌で肌荒れが気になる方は、自分の愛用している化粧品や下地を持っていくことをおすすめします。

ビーチフォトウェディングや前撮りでおすすめしたい髪型を画像で紹介

ロングヘア、セミロングヘアにおすすめの髪型

アップスタイル

ウェディングフォトの定番とも言える華やかな雰囲気のアップスタイルは、ビーチフォトでももちろん人気です。 風が吹いても乱れにくく、暑い日でもダウンヘアに比べて涼しいというメリットも。きちんとしたまとめ髪なら、大人花嫁に。ふんわりエアリーなアップスタイルなら優しさあふれる花嫁姿が叶います。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Watabe Creative Studio(@creativestudio_okinawa)がシェアした投稿 -

シニヨン

まとめ髪の定番「シニヨン」は普段使っている方も多いヘアスタイルだと思います。結婚式や2次会などのお呼ばれにもおすすめの簡単スタイル。風の強いビーチフォトでも崩れにくいです。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Watabe Creative Studio(@creativestudio_okinawa)がシェアした投稿 -

ハーフアップ

普段でも一般的に、ヘアアレンジの定番として取り入れられているハーフアップ。髪の上側だけを一つにまとめて結び、それ以外の部分は自然と垂らしたままにしておく、いわゆるお嬢様結びのことをいいます。クルクルと巻いて、ゆるふわウェーブを作ることで、巻き下ろした髪が風に揺れて乱れてもフォト撮影で映える髪型です。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Watabe Creative Studio(@creativestudio_okinawa)がシェアした投稿 -

編みおろし

ロングヘアの新婦様におすすめなのが、ふんわりと華やかで、大人の色気と気品を兼ね備える編みおろし。せっかく伸ばした女性らしいロングヘアを、最大限に生かすことができるヘアスタイルです。複雑に見えるヘアスタイルですが、編みおろしの基本は三つ編みとロープ編みで基本はシンプルですが、編み込んだ花にアクセサリーや花をちりばめて華やかにすることができます。最近流行のプリンセスヘアにもアレンジが可能です。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Watabe Creative Studio(@creativestudio_okinawa)がシェアした投稿 -

ポニーテール

ロングヘアが生かされる「ポニースタイル」は、高い位置で髪を結んだポニーテールの花嫁ヘア。最近、花嫁様の注目度の高いヘアスタイルです。 髪を頭部で一つにまとめて垂らした髪型をポニーテールといいます。高めで結んだり、低めで結んだりと、位置を調整するだけで、落ち着いた感じにも、元気な感じにも印象を変えることができます。簡単でかつ清潔感もあり、写真映えもバッチリです。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Watabe Creative Studio(@creativestudio_okinawa)がシェアした投稿 -

ローポニー

最近大人花嫁の髪型で注目の、低い位置でまとめるローポニー。アクセやドレスを際立たせたいおしゃれ花嫁に人気のヘアスタイルです。タイトシルエットのドレスとも好相性でスタイリッシュな印象を与えてくれます。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Watabe Creative Studio(@creativestudio_okinawa)がシェアした投稿 -

ミディアム、ボブヘア

アップスタイル

ミディアムヘアやボブでもハーフアップやシニヨンなどのアップスタイルを楽しむことができ、強い海風にも適しているためおすすめの髪型です。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Watabe Creative Studio(@creativestudio_okinawa)がシェアした投稿 -

ストレートボブ、カールボブ

ナチュラルテイストで自然な自分の花嫁姿を残すことができるストレートボブやカールボブは、フォトウェディングならではの髪型で人気が高まっています。ただし、海風で乱れてしまう恐れがおあるため、撮影の合間に同行したスタイリストに直してもらう、スプレーで固めるなど、きめ細やかな手入れが必要です。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Watabe Creative Studio(@creativestudio_okinawa)がシェアした投稿 -

ショートヘア

ショートヘアの花嫁ヘアスタイルでは、アクセサリーを重視する花嫁も多いようです。ハーフアップや編み込み、カールスタイルなど、フォトウェディングや前撮りでは自分が希望する自由な髪型が楽しめます。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Watabe Creative Studio(@creativestudio_okinawa)がシェアした投稿 -

ビーチフォトウェディングにおすすめのヘアアクセサリー

ビーチでのフォトウェディングや前撮りでは、チャペル撮影やスタジオ撮影以上に、ヘアアクセサリーがアクセントとして重要になります。小物は持ち込み可能なスタジオがほとんどですが、事前申請が必要になります。また、どのようなアクセサリーを使用するかを事前に決めておくことで、より映える髪型を話し合うこともできるでしょう。 ビーチフォトウェディングでは、次のようなヘアアクセサリーがよく選ばれています。

花冠、花飾り

ビーチでのフォトウェディングや前撮りには欠かせないヘアアクセサリーです。南国の生花を使ったり、鮮やかな造花を使ったものを自作して持ち込んだり…アイデア次第で最高の撮影の演出小物にもなる万能アクセサリーです。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Watabe Wedding Hawaii(@watabewedding_hawaii)がシェアした投稿 -

バレッタ

ラインストーン付きやパールなど、大人でラグジュアリーなアップスタイルを魅力的に仕上げるためにおすすめです。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Watabe Wedding Hawaii(@watabewedding_hawaii)がシェアした投稿 -

ヘッドドレス

ボブやショートヘアにおすすめのヘアアクセサリーです。上品さが増して、髪型に変化をつけることができるでしょう。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Watabe Creative Studio(@creativestudio_okinawa)がシェアした投稿 -

帽子

ビーチらしい帽子を使った撮影も多く行われます。麦わら帽子やハットなどをヘアスタイルに組み込んでも楽しいですね。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Watabe Wedding Guam(@watabeguam)がシェアした投稿 -

ベール

ベールは汚れてしまうため、ベールのような布を使った撮影をするという方法もあります。もちろんレンタルや持ち込みによる撮影も可能です。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Watabe Creative Studio(@creativestudio_okinawa)がシェアした投稿 -

ビーチフォトウェディングや前撮りではヘアメイクもこだわろう

沖縄やハワイ、グアムなど、リゾート地で行うビーチフォトウェディングやビーチでの前撮りの髪型やメイクは、通常の撮影よりも気温や天候を気にして判断したほうがいい部分もあります。ただ、撮影を依頼するスタジオに、事前にある程度希望を伝えておき、対処方を確認しておけば、より満足度の高いビーチでの撮影が楽しめるでしょう。

挙式挙式

関連記事

Contact
マリンビジューブライダルサロン

098-901-5454

10:00~17:00/定休日:日曜日

挙式挙式
Ceremony

Ceremony

フォトウェディングだけでなく、チャペルでの挙式を挙げたいと思うおふたりにはこちらのコンテンツがピッタリです。 沖縄の海と空を感じながら「人前式」の挙式をすることが可能です。大切な家族や友人を呼んで少人数での結婚式をするのもの良し、二人だけで愛を誓うのも良しと様々なシチュエーションに合わせて結婚式が行えます。おふたりの理想の結婚式を沖縄で探してみるのはいかがですか。

Salon &Access

電話する WEBでお問合せ
pagetop