PHONE098-901-5454

沖縄ウェディングの情報発信マガジン

フォトウェディングや前撮りで和装撮影を選ぶ前に知っておきたいこと。費用や衣裳選び、スタジオ撮影やロケーション撮影の違いについて

フォトウェディングや前撮りで和装撮影を選ぶ前に知っておきたいこと。費用や衣裳選び、スタジオ撮影やロケーション撮影の違いについて

フォトウェディングや前撮りで人気のある衣裳といえば和装ですが、費用面や持ち物、どのようなロケーション撮影場所や季節が適しているのかなど、確認しておきたい情報や知識を知っておくと、後悔のない、満足度の高い撮影が計画できるでしょう。フォトウェディングや前撮りで和装を選ぶ際の基本情報をまとめました。

フォトウェディングフォトウェディング

フォトウェディングや前撮りで和装が人気のある理由とは?

フォトウェディングや前撮りで和装が人気のある理由

流行や年代問わず似合う日本の伝統的な婚礼衣裳

和装は日本人が長く受け継いできた伝統的な婚礼衣裳のため、流行やトレンドに左右されず、比較的どの年代の人が着てもしっくりと似合う衣裳です。最近では現代に応じた着こなしや髪型、小物合わせや色合わせも楽しめるようになり、自分にあったコーディネートや個性を出せる着こなしも可能になってきました。
また、伝統的な和婚が再注目を浴びつつも、結婚式本番はウェディングドレスにするという人も多く、前撮りでは和装を選ぶ人が多い理由となっています。

日本の四季折々の景色にあった色柄が選べる

和装は日本の四季に合った色や合わせ、柄を数多く取り揃えているため、季節や希望のロケーションにあったデザインを選ぶことができます。その時の気持ちや季節にあった和装を身にまとって写真を撮ることで、忘れられない思い出の撮影ができるでしょう。

結婚式より格安で和装が楽しめる

2019年度の結婚式の衣裳費用で、色打掛の平均レンタル費用は次の通りでした。

白無垢 17.9万円
色打掛 26.9万円
ウェディングドレス  26.6万円

ですが、フォトウェディングや前撮りの衣裳代は、ヘアメイクや着付けを含め、1~5万円程度で済みます。
フォトウェディングや前撮りの平均費用は、結婚式での衣裳レンタル代より圧倒的に安く済むため、普段は選ばない衣裳も思い切って選ぶことができるのです。

フォトウェディングや前撮りで選べる和装衣裳

新婦の和装衣裳

色打掛

色打掛は室町時代以降、武家女性の礼装として位置づけされ、白無垢と同様に婚礼衣裳として着られています。白無垢以外の打掛は全て色打掛と呼ばれています。色打掛は色も柄もバリエーションが多く、全体的に華やかな印象があり、前撮りやフォトウェディングではウェディングドレスなど全衣裳の中でも一番選ばれている衣裳です。

白無垢

白無垢は日本の結婚式の、女性の和装の婚礼衣裳の中でも最も格式高い正礼装になります。主に挙式で着られる婚礼衣裳であり、邪気を退け、神聖な婚礼の儀式に臨むという意味があります。本来白無垢の特徴として着物や小物もすべて白で統一されており、花嫁の清らかさや心の美しさを象徴しています。ですが、フォトウェディングや前撮りでは、はこせこや襟元で着こなしをおしゃれにアレンジした、モードなコーディネートも可能になり、人気が急上昇しています。

引き振袖

花嫁衣裳としては、引振袖も人気です。成人式で着るような振袖とは異なり、お引き摺り(おひきずり:裾を引いた振袖)であることが特徴です。未婚女性の第一礼装でもある引振袖ですが、最も格式高い礼装とも言われています。
引振袖もお色直しで着られることが多いですが、打掛に比べて軽くて動きやすいなどの理由から選ばれる方もいます。中でも黒の引振袖は花嫁の伝統的な婚衣裳として高い人気があります。

新郎の和装衣裳

紋付き羽織袴

「紋付き羽織袴」は結婚式で新郎が着る礼装で、家紋が付いた長着と袴に、同じく家紋付の羽織を羽織るスタイルです。黒五つ紋付き羽織袴(黒羽二重五つ紋付)は、紋付き羽織袴のなかでも、もっとも格式が高い男性の正礼装とされています。
黒五つ紋付きの呼び名のとおり、色は黒で、黒には、「何色にも染まらない」という意味があり、男らしさや決意の強さを表しています。

色紋付袴

正黒五つ紋付き羽織袴よりも格が下がった準礼装にあたるのが、「色紋付羽織袴」です。 色紋付き羽織袴の特徴は、白や灰色の他、茶や紺、紫など、カラーバリエーションが豊富なため、新郎の個性を出せる色を選ぶことができます。また、羽織や長着だけでなく、袴や小物にいたるまで、幅広い色をコーディネートして個性を打ち出し楽しむことができます。

フォトウェディングや前撮りでスタジオ撮影での和装プラン

費用も安くお色直しも楽で移動時間がかからない

屋内に設営されたスタジオでの撮影は、交通費や移動時間もかからず、撮影時間や天候を気にせず撮影できるため、平均費用が17.8万円であるロケーション撮影と比較してもリーズナブルな傾向です。特に和装を軸とした衣装の着替えやヘアメイクチェンジを希望する場合は、限られた撮影時間でも素早く衣装変えを楽しめるメリットがあります。

季節、天候問わずに撮影できる

天候や気候に左右されないということも、スタジオ撮影の大きなメリットです。天気が少々悪くても、スタジオ内ならば気にしないで撮影できます。冷暖房が完備のため、暑さ寒さの心配もありません。
ロケーション撮影の場合は、雨の場合は撮影スケジュールが延期となったり、寒すぎる、暑すぎる気候の場合、和装は難しい場合も出てきます。また、強風などの場合は髪型乱れ表情が険しくなり、思ったような撮影が出来なかったというアクシデントも。 悪天候による予定変更や予備スケジュールが押さえられない多忙な方には、スタジオ撮影のほうがおすすめです。

フォトウェディングや前撮りでロケーション撮影での和装プラン

フォトウェディングや前撮りでロケーション撮影での和装プラン

ロケーション撮影での和装のお色直しは時間がかかる

ロケーション撮影で、和装を含め2着以上のお色直しを希望するのは難しい場合があります。ロケーション撮影は屋外での撮影のため、お色直しのために一度スタジオに戻らなければならないからです。その分時間がかかり、時間がかかれば費用もかかりますし、長時間の撮影に向かう気力も必要です。
ロケーション撮影で和装を含めた2着以上の撮影を希望する際は、多くの撮影を経験しているスタッフに希望を伝えた上でどのような方法が良いか、また料金体系などを確認しましょう。

和装でのロケーション撮影に適した時期

基本的には気候が良く天候が安定していて、四季の美しさが顕著な時期が選ばれやすく、桜や新緑が美しい春(4~5月頃)、紅葉が映える秋(11月下旬~12月頃)などが人気です。 ただ人気シーズンの撮影は予約も混みあうため、春や秋の人気シーズンに和装ロケーション撮影を検討する場合は、半年~3カ月前には問い合わせした方が良いでしょう。人気スタジオでは1年前から予約が埋まっていることもあります。
避けた方が良い時期は梅雨明けした7~8月の真夏、残暑が厳しい9月上旬などはあまり和装での屋外の撮影は向いていません。和装、特に新婦の和装は重ね着するため中に熱気がこもり、通常より暑く感じるため、熱中症など体調も心配です。
意外に穴場なのは1~2月の真冬のシーズンです。結婚式やフォトウェディングはオフシーズンですが、1月の正月の雰囲気がある神社や庭園、梅が綺麗に咲く2月は和装の雰囲気にはぴったり合いますし、重ね着している分比較的寒さも耐えられるといった声も。またこの時期は割引サービスや格安プランを打ち出すスタジオや業者も多いため、お得に雰囲気のある和装フォトが撮影できる可能性もあります。

和装撮影で人気のロケーションスポット

結婚式場、ホテルの挙式施設やガーデン

和装で挙式体験が楽しめる撮影スポットです。挙式体験だけでなく、本当に挙式可能なロケーションフォト撮影プランが充実している挙式場やホテルでのロケーション撮影は、フォトウェディングのみの結婚式を考えているカップルや、結婚式本番とは違う衣裳で前撮りを楽しみたいカップルにも安定の人気です。

神社やお寺

近年では、挙式なしでロケーション撮影も許可してくれている神社でのフォト撮影も人気です。和装が映える撮影スポットとして、神前式を行わないカップルにはおすすめのロケーションスポットです。撮影が許可されている神社で、提携している業者のみの撮影となるため、事前に下調べが必要になります。

日本式庭園

各地に残る日本式庭園や大名屋敷跡、城郭などの史跡などは、和装でのロケーション撮影を楽しめる絶好の人気スポットです。四季折々の美しい花や紅葉が楽しめたり、橋や茶室など建物を利用した変化のあるフォト撮影が楽しめます。

ガーデンや洋館など西欧風建造物、美術館、歴史的建造物、文化財の建物

古い洋館や欧風のガーデンなどは、和装も洋装も映えるスポットとして人気があります。特にクラシカルな欧風庭園では、和洋折衷の和装での撮影も人気のようです。グリーンにが映える春~夏は白無垢、紅葉が映える秋~冬は色打掛など、まったく違った趣が楽しめるでしょう。事前に立ち入り許可が必要なことが多いため、詳細はフォトスタジオに相談しましょう。

街の風景

渋谷や原宿、表参道、銀杏並木の街道など、人気の街や美しい街道沿いでの和装ロケーション撮影も増加してきました。何気ない街の風景の中、自然な表情の二人が撮影できるでしょう。

フォトウェディングや前撮りで和装をする際の持ち物

和装での撮影に必要な持ち物は、レンタルした和装の下に着る下着類や靴下類はすべて持参することになります。事前に確認して用意しておきましょう。

新婦の持ち物

・補正用タオルまたはてぬぐい
・肌襦袢
・裾よけ(腰巻) ・和装用ストッキング(静電気防止にも)
・白足袋

新郎の持ち物

・UネックまたはVネックの肌着
・ステテコ
・白足袋

ロケーション撮影に用意したい持ち物

・一口大の軽食
・酔い止め(車移動の場合)
・手鏡(撮影中や屋外でのヘアメイクチェックに)
・現金(万が一のために少額を用意)

フォトウェディングや前撮りで和装を選んだ場合の費用

フォトウェディングや前撮りすべて含めた平均総額費用は以下の通りです。

スタジオ撮影 15.9万円(ボリュームゾーンは5~10万円)
ロケーション撮影 17.8万円(ボリュームゾーンは10~15万円)

ただし、和装を選んだ場合は洋装の費用より、1~2万円ほど費用が上がることが多いようです。撮影費用は衣裳代含め、プラン料金で表示されているため、料金の中には以下の費用が含まれます。

撮影プランに基本含まれるもの

・撮影料
・写真1枚&撮影データ一部渡し
・新郎新婦衣裳レンタル代
・衣裳小物一式
・ブーケ、ブートニア
・着付け
・ヘアメイクなど

撮影プラン以外にオプションとしてかかる追加費用

・衣裳やブーケの追加またはグレードアップ
・撮影カット数の追加
・撮影全カットデータ渡し
・フォトグラファー指名料
・アテンドスタッフ
・撮影小道具
・ロケーション撮影の場合の移動費
・スタジオ以外の出張費
・撮影データの修整(美肌加工、背景の色補整など)
・アルバム加工費用
・写真、データの焼き増し

フォトウェディングや前撮りで料金表示が安い格安和装プランを選ぶ際の注意点

和装でのフォトウェディングや前撮りで、料金表示が安い格安プランを見ることもあるでしょう。ただ、すぐに飛びつくのではなく、以下の内容をよく確認した上で、自分たちの希望をすべて伝えた見積りを出してから、他社と比較検討した上で申し込みを行いましょう。

平日限定の撮影であることが多い

土日は予約の競争も高く、割増し料金にしているスタジオがほとんど。平日には特典つきの限定プランなどを用意しているスタジオも多くあります。土日料金は多くの場合2~3万円増しであることがほとんどです。

オフシーズン、または特典期間中の料金表示であることが多い

屋外のロケーション撮影では、寒さ、暑さの厳しい1~2月、7~8月には割引や特典などをつけたプランを用意しているスタジオや業者が多くあり、非常にお得な料金設定で提示されていますが、繁忙期に撮影希望の場合は割増し料金になります。

衣裳の選択範囲やカット数に制限があることが多い

格安のフォトプランは、衣裳の選べる範囲が限られていたり、カット数が少なく制限があることがほとんどです。また、撮影データは含まれていないため、全カットの中から1~数カットを選んで台紙などに貼ったものが渡される形式になっています。

スタジオ撮影のみの金額であることが多い

基本的はスタジオ撮影のプランが格安になっていることが多く、移動のあるロケーション撮影はスタジオ撮影より1~2万円ほど高い価格設定になっています。また、ロケーション撮影は交通費などが別途かかるケースも多いようです。

フォトウェディングや前撮りで和装を思い切り楽しむために

フォトウェディングや前撮りでは、和装は人気の高い衣裳ですが、費用面や撮影スタイルに配慮すれば、より満足度の高い、最高の結婚の思い出となる撮影が計画できるでしょう。撮影時期などに配慮して、理想のフォトウェディングや前撮りを実現させてくださいね。

挙式挙式

関連記事

Contact
マリンビジューブライダルサロン

098-901-5454

10:00~17:00/定休日:日曜日

挙式挙式
Ceremony

Ceremony

フォトウェディングだけでなく、チャペルでの挙式を挙げたいと思うおふたりにはこちらのコンテンツがピッタリです。 沖縄の海と空を感じながら「人前式」の挙式をすることが可能です。大切な家族や友人を呼んで少人数での結婚式をするのもの良し、二人だけで愛を誓うのも良しと様々なシチュエーションに合わせて結婚式が行えます。おふたりの理想の結婚式を沖縄で探してみるのはいかがですか。

Salon &Access

電話する WEBでお問合せ
pagetop