PHONE098-901-5454

沖縄ウェディングの情報発信マガジン

フォトウェディングや結婚式前撮りに人気のブーケ。和装やドレスに合わせる実例や持ち込む場合の費用相場と注意点

フォトウェディングや結婚式前撮りに人気のブーケ。和装やドレスに合わせる実例や持ち込む場合の費用相場と注意点

結婚式の前撮りやフォトウェディングで、レンタル衣装に合わせブーケを用意すべきか悩んでしまう人も多いでしょう。依頼したスタジオに用意のあるものを使用したり、自分で持ち込みを手配するケースが多いのです。さまざまなポーズに合わせて撮影小物を使ったも多いため、撮影に必ずしもブーケが必要なわけではありませんが、撮りたいイメージがある場合には、手作りしたり、自己手配するなどして準備が必要です。和装やドレスに併せて、どんなブーケが前撮りやフォトウェディングに向いているのか、レンタルや自己手配する際の相場などについて詳しく説明します。

フォトウェディングフォトウェディング

前撮りやフォトウェディングでブーケは必要?必要なし?

前撮りやフォトウェディングでブーケは必要か必要なしか

今や結婚式を行う人も行わない人も、ウェディングの衣裳を着て記念の撮影を行う「前撮り」や「フォトウェディング」のいづれかを楽しんでいる人がほとんどです。前撮りやフォトウェディングを計画する場合、ブーケを用意する必要はあるのでしょうか?

多くの場合は造花ブーケのレンタルが可能

前撮りやフォトウェディングを行っている多くのフォトスタジオでは、スタジオで造花ブーケなどを何種類か用意しており、また無料レンタルが可能な場合が多いでしょう。ただし、結婚式会場が用意している前撮りやフォトウェディングプランには、ブーケの貸出しや用意は含まれていないこともあります。また会場が提携している花屋や装花業者に別途料金で依頼する、または自身で持ち込みが必要なこともまれにあるため、ブーケを持ったフォト撮影を希望している場合には、必ず確認しましょう。

フォトウェディングやチャペルでのフォト撮影の場合はブーケは必要

結婚式をしない代わりに行うフォトウェディングや、チャペルや挙式会場で行う前撮りを含む撮影の場合には、ブーケが必要になる場面が多いため、ブーケは必要といって良いでしょう。特に結婚の記念となる撮影がしたい、と考えた場合には、ブーケを持たないと記念らしさが出ない、花嫁が手持ち無沙汰に見えてしまうケースもあるため、用意しておくことがおすすめです。

和装での撮影や前撮りの場合は必要なしの場合も

現在では結婚式前に行う前撮りがかなり増加しており、結婚式用に改めてブーケを用意する場合には、ブーケが必要なしと考える人も多いようです。和装の場合もブーケはそこまで必要ありません。スタジオ撮影、ロケーション撮影ともに、ブーケではなく小物を使ってポーズを工夫する撮影スタイルが増えているため、撮りたいショットやイメージによっては「ブーケは必要なし」という方たちも増えています。

前撮りやフォトウェディングでブーケは持ち込み可能か?持ち込み料金は?

フォトスタジオでの前撮りやフォトウェディングでは、持ち込みは自由で、料金は特にかからないケースが多いようです。ただ注意したいのは、結婚式場やゲストハウス、ホテルなど、結婚式会場が行っている前撮りプランやフォトウェディングプランを利用する場合。こちらは、会場側が提携している花屋や装花業者に別料金で依頼する場合や、持ち込む場合は持ち込み料金が必要になることが、まれにあるようです。持ち込み料金の相場は5000円未満ですが、持ち込みを考えている場合には、必ず事前に確認をとりましょう。

前撮りやフォトウェディングで使用するブーケを自己手配する場合の費用相場は?

結婚式などに使用するブーケの費用の平均金額は、2019年の調査では次のような金額になっています。

・生花のブーケ 3.7万円 ・造花のブーケ 1.1万円 ・プリザーブドフラワーのブーケ 1.8万円 ・手作りのブーケ  1.2万円

前撮りやフォトウェディングでブーケは生花と造花どちらがよいか?

前撮りやフォトウェディングでブーケは生花と造花どちらがよいか

生花と造花、どちらにもそれぞれ魅力があるため、一概にどちらがいいかとは言えませんが、造花ブーケのほうがおすすめである場合は、次のような状況が考えられます。

撮影場所が観光地など遠方の場合

沖縄やハワイ、北海道など、遠方での前撮りやロケーション撮影を企画している場合、ブーケを自己手配することを考えているなら、持ち運びしやすい造花のほうがおすすめです。生花の場合は、提携業者がない場合は撮影する場所の花屋などで手配しなければならないことも多いため、納得いくものを準備するのが難しい場合もあるでしょう。

真夏のロケーション撮影やビーチなど暑い場所での撮影の場合

真夏のロケーション撮影やビーチでのフォトウェディングや前撮りでは、気温が高く、時間が経過すると生花の水分が失われ、くったり色褪せてしまう危険があります。また、風が強い場合にも注意が必要なため、できれば造花のほうが安心して撮影にのぞむことができるでしょう。

前撮りやフォトウェディングのブーケ、手作り、造花、ドライフラワーの例

造花ブーケ

鮮やかな色彩が造花ブーケの魅力

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

造花ウェディングブーケ専門店のブーケエラベル(@bouquet_erabell)がシェアした投稿 -

生花にはない鮮やかなカラーや天然ではないカラーが出せるのも造花ブーケの大きな魅力です。

小ぶりでポーズがつけやすいものが人気

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ワタベウェディング 東京・目黒フォトスタジオ(@watabewedding.meguro_photo)がシェアした投稿 -

フォト撮影では結婚式ではできないさまざまなポーズをとって撮影するため、持ちやすい少し小ぶりのブーケが人気です。

手作り小物とカラーを合わせることも可能

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

OKINAWA WATABE WEDDING(@watabewedding_okinawa)がシェアした投稿 -

手作りをするなら、撮影小物とカラーをあわせ、統一感あるフォト演出を工夫することもできます。

ドライブーケ

ハワイや沖縄でのフォトウェディングや前撮りにドライブーケが大人気

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

pele plants & flowers(@pelehiroshima)がシェアした投稿 -

ドライフラワーを使ったブーケであれば、暑い気候でも色褪せず、結婚の記念として保存も可能。大人花嫁にシャビーな色合いのドライブーケが大人気です。

和装にも合わせられるドライブーケ

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ワタベウェディング横浜ベイフォトスタジオ(@watabe.wedding.yokohama_photo)がシェアした投稿 -

生花と違って和装にも馴染みの良いドライブーケ。フォトスタジオでレンタルできるよう用意している場合も多いようです。

和装ブーケ

鞠型の和装ブーケは撮影小物として

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ワタベウェディング名古屋フォトスタジオ(@watabewedding.nagoya_studio)がシェアした投稿

和装用の鞠型をしたブーケは、着物の柄に合わせたり季節にちなんだカラーにすると撮影小物としての演出にもなります。

ドライフラワーの和装ブーケでぐっと大人に

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ワタベウェディング横浜ベイフォトスタジオ(@watabe.wedding.yokohama_photo)がシェアした投稿 -

華やかな色打掛にはシャビーな色合いのドライフラワーで作った和装ブーケもぴったりですね。

前撮りやフォトウェディングのブーケは用途や予算に合わせて検討しよう

前撮りやフォトウェディングでは、必ずしもブーケが必要なわけではありませんが、撮りたいイメージがある場合には、スタジオでレンタルしたり自己手配するなどして準備が必要です。費用や使い道に合わせて検討しましょう。スタジオ側でも現在ではね造花ブーケだけでなくドライブーケや和装ブーケなど、さまざまなレンタルブーケを用意しています。そちらも事前に確認できれば、合わせて検討してみましょう。

挙式挙式

関連記事

Contact
マリンビジューブライダルサロン

098-901-5454

10:00~17:00/定休日:日曜日

挙式挙式
Ceremony

Ceremony

フォトウェディングだけでなく、チャペルでの挙式を挙げたいと思うおふたりにはこちらのコンテンツがピッタリです。 沖縄の海と空を感じながら「人前式」の挙式をすることが可能です。大切な家族や友人を呼んで少人数での結婚式をするのもの良し、二人だけで愛を誓うのも良しと様々なシチュエーションに合わせて結婚式が行えます。おふたりの理想の結婚式を沖縄で探してみるのはいかがですか。

Salon &Access

電話する WEBでお問合せ
pagetop